ニュース
» 2020年11月24日 19時00分 公開

コース210周 約42キロを滑り続けたポルシェ・タイカン、ドリフト走行の最長記録としてギネス世界記録に

約55分も滑り続けたタイカン。

[春山優花里,ねとらぼ]

 ポルシェ初となるEV(電気自動車)としてデビューした「タイカン」が、「最も長くドリフト走行を続けた電気自動車」としてギネス世界記録に認定されました。

ポルシェ タイカン ドリフト ギネス世界記録 ポルシェ・タイカンで最長ドリフト記録に挑戦(画像はYouTubeより)

 記録測定は1周200メートルの円形トラックがある、ドイツ・ホッケンハイムリンクで行われました。

 ドリフトに使うタイカンは、ポルシェが中国向けに販売している後輪駆動モデルを用意。路面には一般的なドリフトチャレンジでも行われるように水を撒いて、世界記録を狙うための準備が整えられました。

 軽やかに走り出したタイカンは、そのままスムーズにドリフト走行に入り、円形コースをぐるぐると滑り続けました。10、20、30周と安定した姿勢で周回を重ねていき、100周を超えて200周も難なくクリア。しかし、211周目にスピンしてしまい、チャレンジは終了。

ポルシェ タイカン ドリフト ギネス世界記録 軽やかにドリフトで走行するタイカン(画像はYouTubeより)
ポルシェ タイカン ドリフト ギネス世界記録 200メートルの円形コースを走るタイカン(画像はYouTubeより)

 公認スタッフが測定した走行データは、平均時速が約46キロ、総走行距離は42.171キロ、走行時間は55分、周回数は210周で、見事「最も長くドリフト走行を続けた電気自動車」としてギネス世界記録に認定されました。

 このチャレンジは海外の人気クルマ番組「TOP GEAR」の企画として実施され、番組の公式YouTubeチャンネルにはチャレンジの様子をまとめた映像が公開されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン