ニュース
» 2020年11月14日 19時00分 公開

5時間かかる予定を3時間で走破 イタリア警察、ランボルギーニ・ウラカンで臓器輸送 専用カスタムが施されたスーパーパトカーを活用

臓器を載せて、230キロで走るパトカー。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 スーパーカーとして知られているランボルギーニ「ウラカン」を、イタリアの警察が意外な用途で使用して、注目が集まっています。

photo イタリア警察の「ウラカン LP610-4 ポリツィア」(画像はFacebookから)

 ランボルギーニ「ウラカン」は、大排気量のV型10気筒NAエンジンを搭載し、高い走行性能を持ったスーパーカー。2014年の登場から高い人気を集めており、後輪駆動を採用した「ウラカン EVO RWD」(関連記事)といった派生モデルも登場しています。

 話題になっているウラカンは、同モデルをベースに警察車両としてカスタムを施した特別モデル「ウラカン LP610-4 ポリツィア」。2017年にイタリア警察のハイウェイ・パトロールに配備され、いわゆる「パトカー」として活躍してきました。

 そんなポリツィアが任せられた仕事は、移植用臓器の輸送……って、デリケートな臓器をスーパーカーで運んで大丈夫なの……?

photo 臓器の受け渡しの様子(画像はFacebookから)

 ポリツィアの車体前部にあるトランクには、臓器輸送に対応するための冷蔵装置が備わっており、臓器以外にも輸血パックなどの輸送にも対応しています。つまり、こうした使用を想定した上で作られていたわけです。

 そして、ハンドルを握ることが許されるのはハイウェイ・パトロール隊員の中でも、特に優秀な熟練ドライバーのみ。ウラカンが持つ高い走行性能をしっかりと発揮つつ、事故を起こさずに目的地に届けられるような猛者でなければ任せられません。

photo 猛スピードで病院まで向かいます(画像はFacebookから)

 話題になっている臓器輸送の任務は、時速100キロほどで走ると5時間ほどかかる行程でしたが、ポリツィアはたったの3時間で到着。最高速度300キロを超えるスーパーカーとしての性能を発揮した活躍を見せました。

 ちなみにウラカンは、イタリアの空港の「誘導車」としても採用(関連記事)され、注目を集めていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる