ニュース
» 2020年11月14日 19時00分 公開

5時間かかる予定を3時間で走破 イタリア警察、ランボルギーニ・ウラカンで臓器輸送 専用カスタムが施されたスーパーパトカーを活用

臓器を載せて、230キロで走るパトカー。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 スーパーカーとして知られているランボルギーニ「ウラカン」を、イタリアの警察が意外な用途で使用して、注目が集まっています。

photo イタリア警察の「ウラカン LP610-4 ポリツィア」(画像はFacebookから)

 ランボルギーニ「ウラカン」は、大排気量のV型10気筒NAエンジンを搭載し、高い走行性能を持ったスーパーカー。2014年の登場から高い人気を集めており、後輪駆動を採用した「ウラカン EVO RWD」(関連記事)といった派生モデルも登場しています。

 話題になっているウラカンは、同モデルをベースに警察車両としてカスタムを施した特別モデル「ウラカン LP610-4 ポリツィア」。2017年にイタリア警察のハイウェイ・パトロールに配備され、いわゆる「パトカー」として活躍してきました。

 そんなポリツィアが任せられた仕事は、移植用臓器の輸送……って、デリケートな臓器をスーパーカーで運んで大丈夫なの……?

photo 臓器の受け渡しの様子(画像はFacebookから)

 ポリツィアの車体前部にあるトランクには、臓器輸送に対応するための冷蔵装置が備わっており、臓器以外にも輸血パックなどの輸送にも対応しています。つまり、こうした使用を想定した上で作られていたわけです。

 そして、ハンドルを握ることが許されるのはハイウェイ・パトロール隊員の中でも、特に優秀な熟練ドライバーのみ。ウラカンが持つ高い走行性能をしっかりと発揮つつ、事故を起こさずに目的地に届けられるような猛者でなければ任せられません。

photo 猛スピードで病院まで向かいます(画像はFacebookから)

 話題になっている臓器輸送の任務は、時速100キロほどで走ると5時間ほどかかる行程でしたが、ポリツィアはたったの3時間で到着。最高速度300キロを超えるスーパーカーとしての性能を発揮した活躍を見せました。

 ちなみにウラカンは、イタリアの空港の「誘導車」としても採用(関連記事)され、注目を集めていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン