ニュース
» 2020年11月25日 13時30分 公開

「SOS団が帰ってきてくれました」 平野綾、9年半ぶりの『涼宮ハルヒ』新刊読了で涙あふれる

サブスク解禁もうれしい。

[深戸進路,ねとらぼ]

 声優の平野綾さんが11月25日にTwitterを更新。同日に発売された人気小説“涼宮ハルヒ”シリーズの最新刊『涼宮ハルヒの直観』を早速読了したことを報告しています。ハルヒおかえり!


平野綾 涼宮ハルヒの直観 新刊 谷川流 いとうのいぢ 待望の最新巻『涼宮ハルヒの直観』(C)Nagaru Tanigawa, Noizi Ito/KADOKAWA

 同シリーズを原作としたテレビアニメでヒロイン・涼宮ハルヒの声優を務めた平野さんは、「発売おめでとうございます」と約9年半ぶりの新刊発売を祝福。同作を手にしたソロショットを添えて、「9年半の時を経て、私たちの元にSOS団が帰ってきてくれました」と“SOS団との再会”に感慨深い思いをつづり、「“最後に”まで読んで涙が溢れました」と読了後には思わず感極まったことも明かしました。

 また、「本当に、お待たせしました」と新刊刊行を記念したハルヒ楽曲のサブスク解禁も告知した平野さん。ハルヒの関連楽曲557曲が各サービスで配信される他、平野さんのランティス所属時代、ユニバーサルシグマ所属時代の楽曲も同時にサブスク解禁となっています。

平野綾 涼宮ハルヒの直観 新刊 谷川流 いとうのいぢ SOS団 茅原実里 後藤邑子 杉田智和 小野大輔 ランティス祭り 2019年のランティス祭りで12年ぶりに全員集合したSOS団(画像は茅原実里オフィシャルブログから)

 ファンからは、「ハルヒおかえりー!」「SOS団バンザイ!」「ハルヒ復活は日本史に載ります!」「ハルヒもあーやも永久不滅!」「今日という日をとても楽しみにしてました。またハルヒたちが世界を賑やかにしている事がとても嬉しいです」など感動を共有するようなコメントが多く寄せられています。

平野綾 涼宮ハルヒの直観 新刊 谷川流 いとうのいぢ ハレ晴レユカイ SOS団 ダンス ステイホーム期間には、“SOS団”公式コラボの「ハレ晴レユカイ」ダンスが話題に(画像は平野綾Instagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン