ニュース
» 2020年11月25日 13時47分 公開

『釣りキチ三平』漫画家・矢口高雄さんが膵臓がんで死去 次女「最後まで格好良い自慢の父でした」

81歳でした。

[深戸進路,ねとらぼ]

 『釣りキチ三平』などで知られる漫画家の矢口高雄さんが11月20日に膵臓がんのため死去。11月25日に矢口さんの公式Twitterを通して、次女・かおるさんが発表しました。81歳でした。


矢口高雄 死去 81歳 膵臓がん 釣りキチ三平 矢口さんの代表作『釣りキチ三平』(画像はAmazon.co.jpから)

 かおるさんは、「父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました」と矢口さんの旅立ちを報告。2020年5月に膵臓がんが見つかり闘病生活を送っていたことを明かし、「すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした」と懸命に病に立ち向かった矢口さんの最期を伝えています。

 またかおるさんは、「パパ、ありがとう。そして、お疲れ様」と愛する父親に向けた言葉とともに4枚の写真を公開。1枚目には矢口さんの棺が写っており、その周囲には矢口さんの若かりし日の写真や、『釣りキチ三平』の単行本やポスター、フィギュアなどが並んでいます。

矢口高雄 死去 81歳 膵臓がん 釣りキチ三平 ツチノコ 幻の怪蛇バチヘビ ツチノコブームを巻き起こした『幻の怪蛇バチヘビ』(画像はAmazon.co.jpから)

 日本を代表する漫画家の訃報にファンからは、「矢口先生の漫画は今でも私のバイブルです。ご冥福をお祈りします」「釣り人に多大な影響を与えた素晴らしい漫画家でした」「躍動感溢れる釣り描写、自然への畏敬に満ちた細かい描写、今でも記憶に鮮明に根付いてます。 素晴らしい漫画でした」など偉大な功績を称えるコメントが多く寄せられました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン