ニュース
» 2020年11月25日 17時35分 公開

令和の米騒動こと「天穂のサクナヒメ」、累計出荷50万本突破 ガチな稲作パートが人気で一時は品薄も

卵焼きをだし巻きにできる神アプデも到来。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 稲作で強くなるゲーム「天穂(てんすい)のサクナヒメ」の世界累計出荷本数が50万本を突破したと、販売元のマーベラスが発表しました。もともとはインディーゲームとして企画・開発された作品ながら、一時期はパッケージ版が品薄になり、「令和の米騒動」とまで呼ばれた話題作。

※Nintendo Switchとプレイステーション 4のパッケージ版の確定出荷本数、ダウンロード版・Steam版の販売数含む



サクナヒメ 米は力だ!

 同作はサイドビューのアクションパートと、キャラ強化の源となる農業パートからなるアクションRPG。特に稲作の部分が本格的で、「農林水産省のQ&Aサイトが攻略の参考になる」などと、Twitterを中心に話題を呼んでいました(関連記事)。


サクナヒメ 「ゲームでも田んぼの世話か」と現役農家が嘆くレベルでリアル(YouTubeより)

 発表の直近には、細かなバランス調整や不具合修正を含むアップデートが実施。「卵焼きの調味料を砂糖以外に塩、醤油、出汁からでも作れる」という変更も加えられ、「甘い卵焼き一択だったのがだし巻きも作れるようになった」「卵焼きの各派閥に優しい」「家庭の味の再現に余念がない」と好評を博しました。こうしたプレイヤーに寄り添う姿勢も人気の秘密かもしれませんね。


(C)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games/Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.