ニュース
» 2020年11月13日 17時25分 公開

稲作アクションRPG「天穂のサクナヒメ」の農業パートがガチすぎる 「農林水産省のQ&Aが攻略サイトに」「大丈夫!全農の攻略本だよ」 (1/2)

一時はTwitterのトレンドでPS5よりも上位に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 11月12日発売のゲーム「天穂(てんすい)のサクナヒメ」(Nintendo Switch/PS4/Steam)の農業要素がガチすぎるとTwitterで話題を呼び、同日発売のプレイステーション 5を食う勢いです。「農林水産省のQ&Aサイトが攻略の参考になる」ってどういうことだよ!


サクナヒメ 「米は力だ!」は、ゲームの全てを物語る名キャッチ

 同作は豊穣神の子であるサクナが、失敗の罰として鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられ、人間とともに暮らすアクションRPG。鬼と戦う探索パートと、稲作をする米づくりパートがあり、育てた米と探索で得た食材を料理して食べると、一時的に能力が上がるシステムがユニークです。


サクナヒメ 探索パートは横スクロールアクション。農具をふるって戦います

サクナヒメ 冒険を支える稲作。田起こしから精米に至るまでの全工程が細かく再現されている

サクナヒメ 収穫を料理してパワーアップ

 そしてこの稲作がかなりの本格仕様。田起や種籾(もみ)の選別に始まり、田植えのあとは施肥に草取り、稲が実れば刈り取って干して脱穀・精米と、全工程が細かく再現されています。「種籾を沈めた桶に泥や塩を混ぜることで、比重が軽く低品質な種籾を選別できる」とか、「害虫駆除のために田へクモを放つ」とか、そんなゲームある?


 豊作のためには苗を植える間隔や肥料成分のバランスも必要で、Twitterでは「ガチすぎる」「難しい」「不作だとアワやヒエを食べることになってひもじすぎる」など、苦戦するプレイヤーが多数。「なぜゲームでも(田んぼの)窒素リン酸カリの塩梅をみなきゃならんのだ」と嘆くリアル農家や、現代の生産者にあらためて感謝する人など、さまざまな反応で盛り上がりを見せています。

 ゲームは大手米卸の神明グループが連携していたり、日本農業新聞が記事化したりと、農業界でも注目を集めている様子。農水省のサイトが攻略wikiになり得ると聞いて全農公式Twitterも反応し、オンラインの解説冊子を案内しています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」