連載
» 2020年11月26日 18時00分 公開

「プリキュアがんばれー」を禁じられた子どもたちにこそ「映画プリキュアミラクルリープ」が必要な理由サラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

映画プリキュアミラクルリープ、本当に良い映画なのです。もっともっとたくさんの人に見てもらいたい!!

[kasumi,ねとらぼ]
ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画

 「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」が2020年10月31日、2度の公開延期を経てついに公開されました。

 プリキュア映画恒例のミラクルライトを使っての「プリキュアがんばれー」を禁じられた子どもたちは、この映画をどう見ていたのか?

 都合5回この映画を見た筆者が映画館で感じたのは、「とにかく子どもたちの熱量が高い!」ことでした。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画 ミラクルリープ、子どもたちの盛り上がりがとにかくすごかった

2度の延期を経てようやく公開

 プリキュアオールスターズ映画第12作目「映画プリキュアミラクルリープみんなとの不思議な1日」。もともと3月20日公開予定でしたが、コロナ禍の影響で2度の延期を経てようやく10月31日に子どもたちに届けられました。

 昨今のプリキュアオールスターズ映画で恒例の近年3作(ヒーリングっど、スター☆トゥインクル、HUGっと!)のプリキュア全13人が活躍します。

 監督はテレビアニメ「ONE PIECE」で監督を務めた深澤敏則氏、脚本は数々のプリキュアオールスターズ映画で実績のある村山功氏、そして作画監督にはキュアミルキー、キュアアースらの変身バンクを手掛けた「超絶技巧職人」板岡錦氏が担当し、キレッキレのアクションシーンも見どころの一つとなりました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画 キレッキレのアクションにも注目

ミラクルライトを使えない

 プリキュア映画では子どもたちが劇場でもらえるミラクルライトを使ってプリキュアを応援するのが恒例となっています。しかし、今作ではコロナ禍の影響で安全に配慮し、ミラクルライトを使っての応援は禁止となりました(声を出すのはもちろんのこと、「劇場でライトを光らせる」ことも禁止となったのは意外でした)。

 当映画のプロデューサーである内藤圭祐氏は雑誌『プレジデント』2020年11月13日号「コロナ禍でファミリー映画はどう変わるのか」の中で、セリフや一部演出を差し替えたことを語っています。

しかしプロデューサーの内藤圭祐氏は「声を出してライトを振るというギミックは、現在の社会情勢を顧みるとリスクが高く、ライトを振り、声を出して応援するシーンの演出やセリフの差し替えを行いました」と語る。
引用:『プレジデント』2020年11月13日号 P105(プレジデント社)


 製作側はこの苦渋の変更がよほど悔しかったのか、「変更前の冒頭5分間のシーン」がプリキュア公式YouTubeチャンネルで公開されています(お家でミラクルライトを振って遊んでね、という趣旨ですね)。


 これを見ると「みんなも一緒にライトを振ってほしいラビ」といったライトのレクチャーセリフがカットされていたことが分かります。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画 劇場ではカットになったミラクルンライトのレクチャーシーン

 本来であれば子どもたちが楽しくミラクルンライトを振っていたかと思うととても残念ではあります。

 ただ、コロナ禍の変更により映画本編では登場しないキュアアースが冒頭に登場し、キュアグレースと一緒に注意事項の説明をするという、子どもには(大人にも?)うれしいサプライズもありました。キュアアースも映画に出られて良かったです。

 ミラクルライトを禁じられた子どもたち。

 どんな感じになるのかと、こっそり周りの子どもたちの様子を見ていましたが、自分の観測範囲ではどの回も子どもたちはプリキュアの言うことを守って静かに鑑賞していました。声を出してしまう子はもちろんのこと、ミラクルライトを映画の最中に点灯させる子どももほぼ見当たりませんでした。

 子どもたちは「プリキュアからのお願い」をきちんと守っていたのです。


興行収入初動は苦戦

 そんなコロナ禍の影響を大きく受け公開された「映画プリキュアミラクルリープ」ですが、初動2日間の興行収入は大苦戦しました。

 公開からの2日間で9万7000人の動員、興行収入は1億800万円(興行通信社調べ)。2019年のオールスターズ映画「ミラクルユニバース」比で43.5%と、出ている数字だけをみると初動の興行収入は「過去のプリキュアオールスターズ映画の中でも最も低い数字」となりました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画

 もちろんコロナ禍なので仕方がない部分もありますし、むしろ逆風のなか良く健闘した方だと思います。春休み公開と秋公開を比較するのも意味のないことなのですけど、それにしても2019年のオールスターズ映画の半分も行かないのはとても寂しいことです。内容も素晴らしいだけにもっともっとたくさんの子どもたちに見てほしいというのが本音ではあります。

とにかく子どもたちの反応が良い

 ただ、数字に反してこの映画、子どもたちの反応がとにかく良いのです。

 自分はすでに5回見に行っているのですが、どの回も映画が終わった後、子どもたちのはしゃぐ声が至るところから聞こえてきました。「楽しかったー」「また来たい!」「ミラクルンがね」「キュアグレースとスターが」と子どもたちがお父さんお母さんに熱心に語り掛けているのです。

 自分も15年近くプリキュア映画を見ていますが、映画終了後に子どもたちの反応がここまで良いのは初めてだったので、少し驚いています。

 子どもたちの熱量が高かった要因は一体何だったのでしょうか?

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ミラクルリープ 映画 キュフォンテーヌのカッコいいシーンもあります

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」