ニュース
» 2020年11月26日 17時30分 公開

グラミー歌手アリシア・キーズ、BTSカバーが35万RTを超えて拡散中 英語詞に隠された粋な計らいへ「泣ける」「ありがとう」

一生聞いていたい。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 アメリカ人歌手のアリシア・キーズが、K-POPグループ「BTS」の新曲「Life Goes On」をカバー。11月26日にSNSへ投稿した動画が話題となり、Twitterではトレンド入りとなっています。


 「Life Goes On」はBTSが20日にリリースしたばかりの最新シングル。「わかるかな?」とキャプションを添えたアリシアは、同楽曲のサビ部分をピアノの弾き語りスタイルでカバー。もともと韓国語だった箇所にも英語で訳詞をつけ、聞き応えたっぷりのバラードとして完成させました。

グラミー アリシア・キーズ BTS カバー バンタン K-POP Life Goes On Twitter Instagram インスタ alicia keys アリシアがBTSカバーだと……!(画像はアリシア・キーズ公式Instagramから)

 原曲はメンバーのハーモニーが心地いいミディアムバラードでしたが、アリシア版はピアノと声だけの超シンプル仕様。自身初となるK-POPカバーにアリシア自身も「想定外だった」と本音を告白していますが、シンプルなアレンジだからこそ持ち前の歌唱力が抜群に生きていて、オリジナル版とは違う楽曲の魅力を引き出しています。不安を覚えながらも未来への希望を「青空に放った矢のように、今日も人生は続いていくよ」と歌った歌詞も、それぞれのバージョンで聞こえ方が変わってくるようです。

【聞き比べ】オリジナルの「Life Goes On」

 アリシアのツイートは7時間あまりで10万RTを超え、BTSの公式アカウントもこれに反応。「なんという栄誉」と感謝を示しており、このツイートの拡散数も25万RT近くにのぼる大反響となっています。


 アリシアの投稿には「なんて美しい」「涙が止まらない」「フルバージョンを聞かせて」「自分のスタイルで完璧に歌い上げているね」といったコメントが2万件以上殺到。またK-POPになじみがないアリシアのファンも曲の美しさに引かれ「これはなんて曲?」とコメントを投稿しており、これに対し「ぜひオリジナルも聞いてみて」とアリシアを介したBTSファンとの交流が発生しています。

 なおアリシアが歌う英語詞は韓国語の歌詞を忠実に訳したもの。オリジナルを尊重する粋なはからいに「ありがとう」といった感謝が数多く見られ「歌詞の美しさは言語が変わっても同じ」とあらためて聞き入るファンがよく見られました。

グラミー アリシア・キーズ BTS カバー バンタン K-POP Life Goes On Twitter Instagram インスタ alicia keys BTS(画像はYouTubeから)

関連キーワード

Instagram | K-POP | Twitter | 投稿 | 英語 | 歌詞 | 韓国 | ピアノ | アメリカ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン