ニュース
» 2020年11月29日 21時00分 公開

レジンの中に作られた“海の世界”にうっとり ダイバーや海洋生物を再現した装飾ランプが幻想的

ランプを点けた瞬間、深海へと誘われる。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 トルコのアーティスト、サミル・デミレルさんが手掛ける、木材とレジンで海底をイメージした装飾ランプが幻想的で美しいと人気を博しています。


海底をイメージした装飾ランプ 引き込まれそうになる程美しい

海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ 海底をイメージした装飾ランプ
海底をイメージした装飾ランプ ランプを点灯すると深海のよう

 サミルさんのランプはオリーブの木の樹皮の部分を自然の形のまま生かすことによって、海底の入り組んだ岩山や洞窟を再現しています。その中にスキューバダイバーやクジラにイルカといった海洋生物が泳いでおり、見ているだけで心が癒されそうになります。

 また、ランプを点灯すると深海に一筋の光が差し込むような景色が浮かび、まるでランプの中でスキューバダイビングをしているような気分に浸れそうです。


海底をイメージした装飾ランプ 海底の枯木とイルカ

海底をイメージした装飾ランプ 陰影が美しい

海底をイメージした装飾ランプ クジラの親子が泳ぐランプ

海底をイメージした装飾ランプ 美しさに引きこまれそう

海底をイメージした装飾ランプ 沈船を探索するダイバー

海底をイメージした装飾ランプ ランプを点灯するとナイトダイビングに

 サミルさんのランプはハンドメイドの商品を取り扱うオンラインショップ「Etsy」で販売されています。価格は平均7万円から9万円程で、決してお手頃価格とは言えないのですが、購入者の多くが美しい海を模した装飾ランプに満足しているようです。


海底をイメージした装飾ランプ 海に沈んだ幻の都市(?)

海底をイメージした装飾ランプ ロマンが広がる

海底をイメージした装飾ランプ 泳ぐエイを見上げるダイバー

海底をイメージした装飾ランプ 美しすぎる

画像提供:サミル・デミレルさん(Instagram

おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/25/news124.jpg 壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ