ニュース
» 2020年12月04日 20時00分 公開

遠くへ行った宇宙飛行士の母を待ち続ける娘 魔法のコンペイトウが2人をつなぐ漫画に涙があふれる (1/2)

娘が母を思う気持ちと、母が娘を思う気持ちがグッとくる。

[Tomo,ねとらぼ]

 宇宙飛行士の母が帰ってくるのを待ち続けた娘を描いた漫画「星のかけらに乗って」が、心にしみると好評です。作者はTwitterでイラストや漫画を公開している鋏柑(@oekaki_hsmkn)さん。

娘を置いて、母は宇宙へ……

 ふみの母親は宇宙飛行士。ミッションに出発するのをさみしがるふみに、瓶いっぱいのコンペイトウをくれました。愛を込めたコンペイトウを「どうしてもママに会いたくなったら大事に食べて」と言って、「すぐ帰ってくるよ」と宇宙へ旅立っていきました。

「すぐ帰ってくるよ」そう言って母は旅立ったのですが……

 コンペイトウを食べると、目の前に母が現れました。おばけのように触れない母は、魂だけ飛んできたというのです。それからもふみはさみしくなるとコンペイトウを食べ、母の帰りを待ち続けていました。

魔法のコンペイトウで母と過ごすふみ

 やがてふみは中学生に。「お前のママはもう帰ってこない」クラスの人達から言われた彼女は「帰ってきてくれるよね」と母の魂に疑問をぶつけます。母の反応から、もう帰ってこないのだと悟ったふみ。なぜ帰ってこられないと分かっていたのに行ったのか――不安にさいなまれながら、これまでずっと待ち続けた気持ちを泣きながらぶつけます。

「すぐ帰ってくるよ」はウソだった。それを知ったふみは母に気持ちをぶつけます

 その後ふみのもとに母の訃報が届きます。コンペイトウを食べても母は現れず、死を実感するふみ。そしてふみは、母の部屋で自分あてに残された手紙を見つけます。そこには……。


 母を待ち続けた娘の思いと、母の手紙に残されていた娘を思う気持ち。その深さが心にしみるお話です。宇宙飛行士の夢か娘か、選択を迫られた母は「神様に魂を半分にされて『どっちか選べ』と言われているようなもの」と書き残していました。コンペイトウに込められたのは、その半分の魂だったのかもしれません。母娘の思いと絆が胸に刺さる物語に、読者からは「ボロボロ泣いてしまった」など感動の声が寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン