ニュース
» 2020年12月04日 13時30分 公開

「人種、民族、国籍に基づく人間性の否定を禁止」 Twitter、ヘイト行為に対するルールをアップデート

ヘイト行為禁止ルールを拡大します。

[関口雄太,ねとらぼ]

 Twitterは12月2日、人種や民族、国籍にもとづいて人間性を否定する言葉に対処するため、ヘイト行為に関するポリシーを拡大しました。

「人種、民族、国籍に基づく人間性の否定を禁止」 Twitter、ヘイト行為に対するルールをアップデート このルールは2019年7月から更新を続けています。(画像はTwitterブログより)

 Twitterはこれまでに、宗教や階層、年齢や障害といったことにもとづいて人間性を否定する言葉を規制対象としてきました(関連記事)。今回のルール更新で「人種や民族、出身地にもとづいて人間以外のものに置き換える言葉の使用も禁止」となります。

 具体的な例として「[出生国/人種/民族]のような寄生虫は日本から即刻駆除せよ!」「[人種]はウイルスを撒き散らすゴキブリだ」「[出身国]の奴らは日本国から金をむしりとる害虫どもだ!即刻国外追放すべき!!」「[民族/民族集団]は日本にたかる、無知で卑しいハエどもだ。断じて入国させてはならない」が挙げられています。

「人種、民族、国籍に基づく人間性の否定を禁止」 Twitter、ヘイト行為に対するルールをアップデート 「人種や民族、出身地にもとづいて人間以外のものに置き換える言葉の使用も禁止」(画像はTwitterブログより)

 Twitterは違反報告を受けたツイートに、削除を求めます。それだけでなく、ルール違反を繰り返すアカウントは一時的に凍結や停止といった措置を受ける可能性があるとしました。また、自動検出などによる、潜在的に暴力的なコンテンツの検知は継続するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10