ニュース
» 2020年12月05日 22時00分 公開

飼い主「ママのこと好き?」→猫「……(無言)」 “忖度しない猫”に複雑な思いをいだく飼い主の漫画

それが……猫という生き物よ(ほめ言葉)。

[かのん,ねとらぼ]

 「ママのこと好き?」「シーン」。“猫って忖度しないよね”という飼い主さんの思いを描いた漫画が、漫画家の「だりや みい」さんのInstagram(@dariya_mii)で紹介されています。

 その日、外出から帰宅しただりやさんをうれしそうに出迎えたのは、5年前に保護した猫「まるまるちゃん」。

猫 飼い主さんの帰宅、嬉しいね

 「いい子にしてた?」「独りでさみしかった?」「ちょっと待ってね」「片づけたら遊ぼうね」だりやさんの声かけに、まるまるちゃんは毎回「なーん」「んー」と機嫌よく返します。飼い主さんの帰宅が待ち遠しかったのでしょうね。しかし……。

猫 様々な問いかけにはお返事するのに
猫 な・ぜ?!

 その流れで聞いた「ママ大好きぃ?」という問いかけにだけは、急に“無”になるまるまるちゃん……。思わず「ぅおい」と突っ込むだりやさんですが、これにはハートがプチ傷ついたとのこと……。

猫 ゴハン食べたいよ〜と甘えてくるまるまるちゃん
猫 この会話の流れは絶好のチャンス?!

 別の日、「なーう」とまるまるちゃんから声をかけられただりやさんは「ごはん?」(んなーう)「待ってね〜」(なーん)「お腹空いた〜?」(んー)と会話をしながらゴハンの準備をします。そしてその流れで、再度あの質問を投げかけました。

猫 もちろん返事は「Yes」だよね?
猫 な・ぜ?! 再び

 「ママのこと、大好き?」……予想通り、やっぱり“無”になるまるまるちゃん。もうこれは「わざとだろ」と思わざるを得ない、芸人も真っ青の間合いの良さ。エサをあげる前なのだから、忖度(人の感情を推し量ること)して返事してくれてもいいのに、と思うだりやさんでしたが、多くの猫は人に忖度するのではなく、忖度“される”生き物であるのかもしれません。

猫 忖度ってニャに?

 会話が長くなると返事が面倒になるのか、最後に「好き?」の質問をすると高確率で振られてしまうとコメントするだりやさん。でもこんなに飼い主さんのことが大好きなまるまるちゃんですから、“無”の反応ははあえてのツンか、照れ隠しなのかもしれませんね!

 かわいらしいまるまるちゃんの漫画を投稿しているInstagram(@dariya_mii)のほか、Twitter(@dariya_mii)ブログ「元道産子、今ハマっ子、日々なんだかな。」では、イラン人のご主人と息子さんとの家族の楽しいエピソードなどを掲載しています。また、猫ちゃんいっぱいのLINEスタンプ、「ニャン語録」も販売中です。

画像提供:だいや みい(@dariya_mii)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン