ニュース
» 2020年12月07日 17時20分 公開

バトルも強かった! 本郷奏多、ポケモンカード大会で準優勝 “ポケカ四天王”に迫る強さをみせてしまう (1/2)

作るだけじゃなかったんですね。

[百合野綾,ねとらぼ]

 俳優の本郷奏多さんが12月4日にニコニコ生放送やYouTubeなどで生配信された、ポケモンカード(公式略称:ポケカ)の特別番組「Vスタートデッキはじめて改造バトル」に出演し、同大会で準優勝を果たしました。バトルも強いのかよ……!

ポケモンカード Vスタートデッキはじめて改造バトル
本郷奏多 ポケモンカード バトル 準優勝した本郷さん(画像はYouTubeから)

 ポケモンカード好きな本郷さんは、これまでも自身のYouTubeチャンネル「本郷奏多の日常」でレアカードを求めハイクラスパック「シャイニースターV」を10箱開封したり、どうしても欲しかった“黒いリザードン”のカードが手に入らなかったことを理由にプラモデルを改造して生成したりと、見る人を置き去りにするほどの愛情を配信してきました。十分すぎるくらい伝わっていますよ。

 そんな本郷さんが今回出場した大会は「シャイニースターV」を5パック開封して、その中から使いたいカードをチョイス。カードに合った「Vスタートデッキ」を1つ選び、デッキを改造してバトルするというもの。

 冒頭のあいさつでは「いや全然僕はガチ勢ではなく、エンジョイ勢なんで、ファンデッキばっかり使っているんですけど、ちょっとだけ練習もしてきたのでよろしくお願いします!」と控えめながらも愛たっぷりに意気込みを語っていました。これでエンジョイ勢なのか……?

 大会は慣れたカードさばきと「面白い……狂気の沙汰ほど面白い」とでも言わんばかりの表情をみせながら初戦に臨んだ本郷さんは、1分30秒ほどで圧勝。2戦目では中盤以降優勢となると解説者から「ガチでやってきたんだな。強者の匂いがプンプンしますねー!」と称賛されながら勝利。やはり只者ではない。

本郷奏多 ポケモンカード バトル 手の動きが美しい(画像はYouTubeから)

 そして決勝戦では、“ポケカ四天王”のヤマグチヨシユキさんとバトル。中盤までは強者を相手に一歩も引かない戦いを繰り広げるも、ヤマグチさんが後半戦で切り札を出してあえなく敗戦しました。本郷さんは「カ〜〜ッ!!」と頭を抱えて叫んだ後「さすがです! 悔しいけどお見事でした」と優勝したヤマグチさんをたたえていました。

本郷奏多 ポケモンカード バトル 悔しがる本郷さん(画像はYouTubeから)

 大会の終わりには、「もっとこれからどんどん練習して強くなりたいと思います」と反省しながら「本気で笑ったり悔しがったりしてみんな仲良くなれるのがポケモンカードの魅力だと思っています」と“ポケカ愛”を語り「ぜひ皆さんもポケカ一緒にやろうぜ!」と指さしでキメポーズ。どこまでも貫いてほしい。

 本郷さんのバトルに、ネット上では「決勝に本郷奏多出てるのじわるし、めっちゃ真剣で好き」「本当にオタクで推せる」「主人公がすごい」「ポケカうまい」「何もわからないけど手さばき好き……ってなった」など“ガチ勢”ぶりに沸く反響が多く見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン