ニュース
» 2020年12月28日 17時00分 公開

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】プレイヤーも原始の世界に帰ればクソゲーじゃない「太陽のしっぽ」(1/2 ページ)

「原始人というものを極限まで再現」。

[ねとらぼ]

 年末企画「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」。今回は「バカゲー」「奇ゲー」とも評されるPS向けソフト「太陽のしっぽ」のファンの方にお話を伺いました。

企画:好きなゲームが世間のクソゲー

「これはクソゲー」「あれはクソゲー」と世間は気軽に言うけれど、遊び方も感性も人それぞれ。むしろ、そんな風に言われている作品の魅力を知っている人に話を聞いてみよう。Twitterで募集をかけたら、2〜3人くらい手を上げてくださるのでは?

……と思っていたら、100人くらいから連絡が来ちゃった企画です。編集部のリソース的に可能な範囲で記事化。1日1本ペースだと公開しきるまでに数カ月かかるので1時間に1本ずつ公開します。

「太陽のしっぽ」の魅力(テツルさん/@te2ruGame

 「太陽のしっぽ」は原始人になりきって、大地を縦横無尽に駆け回るゲームです。一番の魅力は自由度がめちゃくちゃ高く(というか自由過ぎる)、どこまででも行けてしまうところ。これも1つのオープンワールドなのかもしれません。

 広大な原始の世界には、時代に合わない摩訶不思議なモニュメントがそこかしこに設置されており、想像力をかき立ててくれます。あと、回復アイテムが和菓子です。謎過ぎて笑ってしまいます。

 流れてくる音楽が形式美では説明できない不思議なものが多いのも、かなりお気に入りなポイントです。

 移動方法はダッシュとジャンプとなっていて、この挙動がおバカな感じではあるのですが爽快感が高めで、ハマる人はハマると思います。

 ゲームを進めていくと文明が発達して便利な武器を手に入るのですが、それを持って強敵マンモスを狩ったときのなんとも言えない喜びはやってみないと分かりません!

世間ではクソゲーと言われている理由

もろもろの説明が皆無で、意味不明

 「どこに何がある」「何をすればいいのか」など全く分からないので、取りあえず行動を起こしてみるほかありません。

 そもそも原始時代に文字などないし、MAPなんてあるわけないのです。自分がどこにいるかとか、そんなことは分かりません。もちろん「ワープ機能」なんてものもないので、もう一度同じところに行きたければ、勘で突っ走っていくしか方法がありません。

 で、行動を起こすと次の問題にぶち当たります。

すぐ寝る

 原始人なので眠たくなったら寝ます。たとえそこが海の底だろうと、山の斜面だろうと、マンモスの縄張りだろうと構わず寝ます。何の前ぶりもなしにいきなりバターっと倒れます。自由度もへったくれもない、プレイヤーにとても不親切な仕様です。かなりストレスになります。

すぐ死ぬ

 原始人なので布一枚まとっているだけです。防御力なんてクソ食らえです。もちろんその辺のお猿さんなんかにも余裕で殺されます。

 山の斜面を滑走してたらいきなり寝てしまって、斜面を滑り落ちて海にダイブし窒息死なんてのもザラです。よく分からずに何も食べずに突っ走っていたら餓死というパターンもあります。

クソゲーとされる理由に納得できるか

 納得しています。とにかくゲームとしてストレスポイントが多いうえに、初見プレイでは根気強く付き合わなければ、間違いなく飽きます。

 しかし、そのストレスポイントもよくよく考えてみると、原始人というものを極限まで再現したからこそ生まれたものなのです。正直、これほどまでに原始人の気分になって、原始の世界を縦横無尽に本能の赴くまま楽しめるゲームは他にないと思います。

 人間は文明を手にして、便利を手に入れました。それならば、文明がない原始の時代に便利なものがないのは、ある意味当たり前なのです。

 操作性や便利度ということにとらわれず「原始の世界を楽しもう」と思うことができたのなら、このゲームはクソゲーではなくなるはずです。

※なお、本企画は「インタビュー」として募集を行ったものの、作品愛ゆえか“完成した原稿”を送ってくださる方も。この記事はほぼ原文ママの掲載となります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」