ニュース
» 2020年12月30日 17時00分 公開

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】壮大過ぎてゲーム1作に収まらなかった「エルシャダイ」の物語(1/2 ページ)

プレイしても理解できなかったけど大丈夫か? → 『エルシャダイ原作小説』を読めば大丈夫だ、問題ない。

[ねとらぼ]

 年末企画「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」。今回は「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」というせりふで有名な「エルシャダイ」(PS3/Xbox)ファンの方にお話を伺いました。

「プレイはしたことないが、このトレーラーは何度も見た」という人も少なくないはず

企画:好きなゲームが世間のクソゲー

「これはクソゲー」「あれはクソゲー」と世間は気軽に言うけれど、遊び方も感性も人それぞれ。むしろ、そんな風に言われている作品の魅力を知っている人に話を聞いてみよう。Twitterで募集をかけたら、2〜3人くらい手を上げてくださるのでは?

……と思っていたら、100人くらいから連絡が来ちゃった企画です。編集部のリソース的に可能な範囲で記事化。1日1本ペースだと公開しきるまでに数カ月かかるので1時間に1本ずつ公開します。

「エルシャダイ」の魅力(なおまささん)

 聖書をベースとした設定のきめ細かさや神秘的な世界の映像美、それから、神の使いである主人公・イーノックが地上に堕ちた天使たちの捕縛に奔走するストーリーは壮大で魅力的です。

 また、本作の一番の魅力はヒト、天使、堕天使たちという登場キャラクターにあると思います。

 地上界を観察し続けた7人の天使たちは人間の恋愛や家族愛、進化の可能性などに惹かれて禁忌である堕天を犯してしまいます。「ヒトに惹かれた天使が描かれる」というだけで興味深く感じますが、決死の思いで堕天し作り上げた理想郷はどれもイビツで、ヒトを理解できない堕天使たちの悲哀さを感じさせます。

 そういった世界を、天界に召し上げられた“ヒト”であるイーノックを通じて、巡ることができる点も面白いと思います。

世間ではクソゲーと言われている理由

 ストーリーの説明不足に尽きると思います。

 ゲーム発売後に刊行された原作小説と比べると、ゲームに収録された内容は6割程度です。省かれた描写も多く、断片的に語られる物語では全容をつかむのは難しいと思います。例えば、ゲームではカットシーンで唐突にキーパーソンが登場することがあり、キャラクターの相互関係や重要性が理解しきれません。

 また、ゲームでは盛り上がりの肝となる中盤〜終盤にかけての物語がごっそり抜け落ちているので、仮に情報をしっかり拾いながらプレイできたとしても「ストーリーがつまらなかった」という感想を持つのが自然だと思います。物語を理解することが難しいうえに、もしも理解できたとしてもぶつ切りで終わってしまうのです。

 以上の理由からクソゲー扱いを受けてしまうのも妥当だと思います。

もしもこれからプレイする人にアドバイスするとしたら

 もしもこれから「エルシャダイ」を遊ぶ人がいたら、「小説、資料集を読む→ゲームを遊ぶ」という順番で進めることをおすすめします。資料集は最悪読まなくても大丈夫。ストーリーを解釈する手助けにはなりますが、省かれた物語が記載されているわけではありません。

 ゲーム「エルシャダイ」は未完の作品といえます。小説や資料集を読んで練りこまれた設定、キャラクターの個性、壮大な人間ドラマの全容が頭に入った状態でプレイすれば、映像化された情景やキャラクターの掛け合いが楽しめるようになるのでは。また、イーノックに共感しつつ物語を追体験できると、きっと「エルシャダイ」というゲームへの認識も変わっていくと思います。

編集部によるおまけ情報:「エルシャダイ」のその後

 ちなみに、「エルシャダイ」ポータルサイトの情報によると、同作は「リーマンショックによりスタジオの閉鎖を余儀無くされ物語が一部未完に終わったゲームです。そのやり残した想いが『神話構想』という形で、今も紡がれています」とのこと。

 ゲーム「エルシャダイ」や「エルシャダイ原作小説」だけでなく、さらに「Elshaddaiメタ記」などの関連書籍があったり、2017年に共通した世界観を持つ『ザ・ロストチャイルド』というゲームが出ていたり……もう1つ言うと、steam版「エルシャダイ」の開発も行われているそうなのですが、この記事をまとめている途中にディレクター・竹安佐和記氏が「10周年までには出したい」とツイート。ちなみに発売が2011年4月28日なので、2021年4月末で10周年となります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」