ニュース
» 2020年12月08日 20時45分 公開

「昭和生まれってそういうものよね?」 ニッチェ江上、「スタイ」と「よだれかけ」の違いに悩み 同世代から共感の声

世代が分かるやつだこれ。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さんが12月8日、ブログを更新し、「スタイ」と「よだれかけ」のように、ベビー用品の異なる呼び方に戸惑うことをタレントの平野ノラさんと盛り上がった話を紹介。「よだれ掛けの方がしっくりきます」「どっぷり昭和の私はスタイなんて言葉出てきません」など共感の声が数多くあがっています。

江上敬子 スタイ よだれかけ おむつ おしめ とっちゃんが大人になるころには、スタイは何と呼ばれるようになるんでしょうね(画像提供:サイバーエージェント)

 「ギュッとにぎる!」というブログエントリで、「おそらく意図的にだと思うのですが、近くにある何かをギュッと握ることが多くなりました」と、9月に生まれた長男の“とっちゃん”の近況などを写真を添えて報告した江上さん。

 ブログの後半では、「世代のせいなのか、私は未だに『スタイ』のことを『よだれかけ』と言って笑われることがある」とベビー用品の呼び方の違いについて言及。同様に、「『おむつ』も『おしめ』と言ってしまう、昭和生まれってそういうものよね!?」と訴えかけながら、そんな話を現在第1子を妊娠中の平野さんとして盛り上がったことを明かしました。

 ちなみに、よだれかけに相当するものは英語だと「bib」。スタイとは、ベビー用品輸入販売のグランドール社がスウェーデンのベビー用品メーカー「BabyBjorn(ベビービョルン)」社の提供するプラスチックエプロンを1992年(平成4年)に日本で販売する際に付けたもののようで、同商品のヒットにより、日本で固有名詞として定着していったもの。BabyBjornも英語圏では「BABY BIB」としており、本国スウェーデンだと「Haklapp」と表記されているものです。

日本だと“スタイ”とされることが多い(画像はBabyBjorn日本語サイトから)
英語圏だと「(soft)bib」など(画像はBabyBjorn英語圏サイトから)
BabyBjorn社のあるスウェーデンだと「Haklapp」(画像はBabyBjorn英語圏サイトから)

 この投稿に昭和世代は敏感に反応。コメント欄では、「よだれ掛けの方がしっくりきます」「どっぷり昭和の私はスタイなんて言葉出てきません」「安心してください、スタイはよだれかけどころか『あぶちゃん』です」「私なんて、ベロ掛けと言ってましたよ 大正生まれのババちゃんゆずりです」など共感を示す声が多く上がっている他、「ちり紙」「乳母車」「襟巻き」など、かつて多くの人がそう呼んでいたものの、時代が流れ違う言葉が定着しつつあるものを懐かしげに挙げる人が続出。古き良き昭和の香りが漂うほっこりとしたコメント欄となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」