ニュース
» 2020年12月10日 18時00分 公開

走りながら充電できちゃう!? ソーラーパネルを搭載した3輪EV「Aptera 3」がめちゃくちゃカッコイイ 最大航続距離は1600キロ

前身となる「Aptera 2」は映画「スター・トレック」に登場。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 米国の自動車メーカー「Aptera Motors Corporation」が、太陽光発電にも対応した3輪タイプの電気自動車「Aptera 3」を発表しました。

photo 電動トライク「Aptera3」(写真はYouTubeより)
Aptera Has Launched

 Aptera Motors Corporationは、米カリフォルニア州に拠点を置く自動車メーカー。2005年に設立され、2011年に精算されたAptera Motorsを再編し、2019年に始動した新興メーカーで、発表されたのAptera 3は初めての量産モデルです。

 前身のAptera Motors時代に企画・開発が進められていた、2009年の映画「スター・トレック」に少しだけ登場した試作車「Aptera 2」がベースとなっていて、空気抵抗を抑える滑らかなシルエットのボディデザインが特徴。まさにSF映画に登場する未来の乗り物という印象です。

photo 側面から見てもキレイ……!(写真はYouTubeより)

 スペックによってバリエーションが設定されており、高性能モデルでは静止状態から時速96キロまで約3.5秒に達する加速力を発揮。航続距離は最大1600キロとしています。

 また、バリエーションの中には、ルーフ(屋根)にソーラーパネルを設置して、走行しながらエネルギーをチャージできる自給自足なモデルも用意されています。

photo 後部座席には荷物を置くスペースも(写真はYouTubeより)

 Aptera 3の価格は2万5900ドル(約269万円)から。オプションに応じて、4万6000ドル(約478万円)以上になります。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.