ニュース
» 2020年12月10日 15時00分 公開

バーガーキングが100%植物性の「プラントベースワッパー」発表 ハンバーグは大豆由来

真のフェイクバーガー。

[コンタケ,ねとらぼ]

 バーガーキングが、100%植物性パティを使用した「プラントベースワッパー」を12月11日から販売すると発表しました。約2年間の試行錯誤を重ねて完成した自信作とのこと。これは期待できそう……?


バーガーキング 植物由来 プラントベースワッパー 大豆 パティ プラントベースワッパー

バーガーキング 植物由来 プラントベースワッパー 大豆 見た目は普通のワッパーです

 プラントベースワッパーは、100%植物性パティ(ハンバーグ)にピクルスを重ね、レタス、トマト、オニオンをケチャップとマヨネーズで仕上げ、トーストしたセサミバンズでサンド。パティは独自のブロイラーでじっくりとじか火焼きにすることで、スモーキーで香ばしいおいしさを生み出しているそうです。

 ここ最近では、米スターバックスコーヒーが植物由来ソーセージのサンドを販売したり、米ケンタッキーフライドチキンが植物由来の代用肉を使ったフライドチキンを発表するなど、植物由来の代替肉を使用した食品が次々に登場しています。

 プラントベースワッパーの価格は、単品590円、セット890円(全て税込)。期間・数量限定での販売となります。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.