ニュース
» 2020年12月29日 15時00分 公開

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】スクエニ“最狂の問題作”「THE QUIET MAN」はやっぱり2回遊ぶべき理由(1/2 ページ)

音声がなく言葉が聞こえない1周目。音声アリの2周目で描かれる言葉の無力さ。

[ねとらぼ]

 年末企画「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」。今回は公式自ら“今世紀最狂の問題作”と称したシネマティックアクションゲーム「THE QUIET MAN」。

企画:好きなゲームが世間のクソゲー

「これはクソゲー」「あれはクソゲー」と世間は気軽に言うけれど、遊び方も感性も人それぞれ。むしろ、そんな風に言われている作品の魅力を知っている人に話を聞いてみよう。Twitterで募集をかけたら、2〜3人くらい手を上げてくださるのでは?

……と思っていたら、100人くらいから連絡が来ちゃった企画です。編集部のリソース的に可能な範囲で記事化。1日1本ペースだと公開しきるまでに数カ月かかるので1時間に1本ずつ公開します。

「THE QUIET MAN」(エロ好き田ポル之助さん/@pornski_eros

 Steamでの評価は「ほぼ不評」。「IGN」は「ついに沈黙を破った『THE QUIET MAN』は実に不甲斐ない出来だ」と記事にし、レビュー収集サイト「Metacritic」による「Worst Game Award 2018」では1位に選ばれた作品です。

 ゲームプレイに関しては基本的に納得しています。そんなに面白くありません。ですが、私にとっては耳が聞こえないことの疎外感などを真摯(しんし)に描こうとした傑作で、本作の魅力を伝えようと自分のブログ「泪の洋ゲー酒」に本作の記事を書きました。

※以下は当該のブログ記事「『The Quiet Man』は本当に狂気の問題作だったのか。父と子の物語として見ることでわかる言葉を超えた先にあるもの」(2018年12月24日公開)より抜粋、再構成したもの。全文読みたい方は、当該ブログ記事をご確認ください

「THE QUIET MAN」の1周目をプレイするべき理由

 トレイラーで自身を「最狂の問題作」と振り返った「THE QUIET MAN」。1周目では音声が抜き去られており、物語の全容を解き明かす「The Answered」と呼ばれる2周目がプレイできるようになったのは、リリースから1週間後のことです。

 なぜゲームの売れ行きを大きく左右する発売週の評判を捨ててまで、こんなことを行ったのでしょうか。

 本作の準公式Twitterアカウントでも、音声のない1周目は苦行であることが認められています。もちろん嫌がらせではありません。どんなに苦行であっても、プレイヤー自身の手でプレイすることに意味があるからです。

 「THE QUIET MAN」は、ろうあ者である主人公Daneとプレイヤーを無音の世界という共通点でつなげようとします。1周目を終えたプレイヤーは、きっとこの無音の世界に怒りや疎外感、無力感を覚えたことでしょう。

 もしも主人公のように読唇術が使え、海外の手話を理解できる人なら、1周目の時点でストーリーの多くを理解できるはず。しかし、このゲームのプレイヤーのほとんどにはそんな技術はないでしょう。


主人公は超人的な能力を持つヒーローではなく、ただ耳が聴こえないというハンデキャップを持つ普通の人です(画像はゲーム画面をキャプチャーしたもの)

 苦行だった1周目を終えて2周目を始めると、主人公が「感覚していた世界」ではなく「理解していた世界」を追体験できます。誰がどのような声を発しているかが分かり、アクションシーンではBGMまで流れるようになっています。

 1周目に比べると2周目はストーリーの全貌が分かり、そこでプレイヤーが見聞きするのは、言葉は通じても心が通じ合わない人々による悲劇の繰り返し。2周目で描かれるのは、言葉の無力さなのです。

主人公に投げられた、唯一見えない言葉

 2周目でもっとも重要な情報は、主人公DaneとAsh警部補との関係です。1周目では彼らが親子であることに気付かなかった人もいるのでは。

 また、主人公の幼少期におけるこの2人の関係が、1周目と2周目で真逆になった人もいるかもしれません。幼い主人公にはどうしようもなかった妻の死を執拗に責める父親の姿は、私が1周目をプレイしたときにはわが子を励ましているように見えていました。


画像はゲーム画面をキャプチャーしたもの

 父親とはいえ1人の人間。Ashの弱い心は、自らと息子を歪めてしまいます。

 自分自身が許せないDaneは、いつか思い描いたヒーロー「Quiet Man」になるべく暴力性を磨き続けます。無敵のヒーローとしてさまざまな悪漢と戦っていたはずの主人公は、その実、歪んだ理想に取りつかれながら、過去を乗り越えようとあがいていたのでした。

 親子は「亡き妻(母親)にそっくりな歌姫Lalaをどちらが救うか」という戦いを始めます。


画像はゲーム画面をキャプチャーしたもの

(ネタバレ防止のため中略。元のブログ記事にはストーリー解釈などが書かれており、物語がつかみきれなかったときのプレイの参考になるかも)

 ラストバトルの演出は、一般的に考えればとても陳腐なものです。行動ではなく言葉で語ってしまっているからです。しかし、1周目を乗り越えたプレイヤーならば、「仮面を被った相手の言葉は、読唇術を使う主人公には伝わらない」ということも同時に理解できるはずです。これを意識してエンディングの描写を見れば、本作のテーマである「言葉を超えた先にあるもの」がきっと見えてくるでしょう。

 2周することで事件の全貌を明らかになることだけでなく、「主人公に何が伝わり、何が伝わらなかったか」も解明されます。

「THE QUIET MAN」が描こうとしたものとは

 多くの人にはただのクソゲーとして映った作品ですが、私にとってはあまりにも衝撃的な内容、描こうとしたものの困難さ、そしてそれを伝えきった傑作として、心に残る出来でした。

 確かにアクションシーンは説明不足、ストーリーは謎だらけです。しかし、こうして父と子の物語として見ていけば、全く過不足なく描写された物語だったと私は確信しています。

 本稿があなたにとって「THE QUIET MAN」を考え直す機会になることを願って、この記事を終わろうと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」