ニュース
» 2020年12月28日 14時00分 公開

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】コンボ数499999995hitsが実現するやり込みの深さ「グランディア エクストリーム」(1/2 ページ)

「『エクストリーム』はやり込みという形で、プレイヤー自身が冒険をするゲームなのです」。

[ねとらぼ]

 年末企画「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」。今回は、2002年にPS2向けソフトとして発売された「グランディア エクストリーム」。やり込みプレイによって「499999995(4億9999万9995)hits」を達成したことで話題を集めた本作のプレイヤーさんにお話を伺いました。

企画:好きなゲームが世間のクソゲー

「これはクソゲー」「あれはクソゲー」と世間は気軽に言うけれど、遊び方も感性も人それぞれ。むしろ、そんな風に言われている作品の魅力を知っている人に話を聞いてみよう。Twitterで募集をかけたら、2〜3人くらい手を上げてくださるのでは?

……と思っていたら、100人くらいから連絡が来ちゃった企画です。編集部のリソース的に可能な範囲で記事化。1日1本ペースだと公開しきるまでに数カ月かかるので1時間に1本ずつ公開します。

「グランディア エクストリーム」(ありのすさん/@a_ri_no_su

 「グランディア エクストリーム」はかつてクソゲーと評され、ワゴンセールの常連だったという過去があります。でも、僕はこのゲームの魅力だったらいくらでも語れると思います。2002年発売なのに今でもプレイしているくらい好きなので。

このゲームの魅力

 このゲームの魅力は何と言ってもやり込み要素です。

アイテムコンプリート

 このゲームには1066種ものアイテムが登場しますが、これらをコンプリートするのはかなりの難易度です。

  • 特定箇所の宝箱から0.08%の確率で出現する期間限定アイテム
  • 特定の敵から0.01%の確率で入手できるアイテム
  • 固定ダンジョンを最奥にいるボスからのみドロップされる確率0.72%のアイテム
  • ランダムダンジョンを走破した後の報酬としてのみ入手できる確率1.2%のアイテム

 などを筆頭に入手方法、難易度ともにバリエーションに富んでおり、攻略本をして「全アイテム収集には目眩がするほど険しく、長い道のりが用意されている」と言わしめるほど。

育成要素

 キャラクターを強化するレベル、必殺技、合体技、スキル、マナエッグなどの育成要素が非常に多岐にわたっており、面白さを増しています。

  • レベルは経験値によってアップしますが、敵よりも低いレベルやノーダメージで倒すと経験値にボーナスがつくため、戦闘に戦略性が生まれます
  • スキルは、経験値とは別に得られる「スキル経験値」によってレベルアップ。こちらも敵を短時間で倒したり必殺技で倒したりするとボーナスがつきます
  • 必殺技は使用回数によってレベルが上がったり新必殺技を覚えたり。熟練度システムを採用しているので重点的に育てることも可能です
  • 合体技は、特定のタイミングで特定の必殺技を使用することでひらめく仲間との協力技。新たな合体技を探す楽しみやパーティー編成に彩りを与えてくれます
  • 異なる「マナエッグ」(魔法習得アイテム)同士を合成(合成パターンは666通り)することで、新しく強力なマナエッグを作りだすことが可能

 こういった多彩な育成要素のおかげで、このゲームは“各人が各人の目標に向かって”どこまでもやり込むことができます。

強化後の可能性

 先ほどの育成要素による強化はすればするほど強くなり、また、各要素の組み合わせによって驚くべき効果を発揮します。

  • クリア後の裏ボスを最弱魔法一発で倒す
  • クリア後の裏ボスをスキルを活用し道具だけで倒す
  • 仲間との合体技だけでストーリーボスを倒す
  • 100億以上のダメージをたたき出す
  • 4億9999万9995Hitをたたき出す

 など他作品ではなかなかできないプレイが、このゲームでは実現します。その可能性はまさに無限大です。

※なお、ありのすさんのやり込みプレイについては電ファミニコゲーマーの記事「156日間PS2を起動しっぱなし、RPG最大のヒットコンボ数かもしれない「499999995hits」(4億9999万9995ヒット)を達成した男現る。『グランディア エクストリーム』での狂気のやり込みについて聞いてみた」に詳しく掲載されています。全体的にゼロの数がどうかしている良記事

世間ではクソゲーと言われている理由

 やはりシナリオにあると思います。

 「グランディア」「グランディア2」は秀逸なストーリーをもった作品でしたが、「エクストリーム」はその前2作と比べると、ストーリーの穴が目立ち、つじつまの合わない描写も多々見られます。また、このRPGシリーズは広い世界を冒険する感覚が味わえる“シナリオ型RPG”として人気を確立してきたのですが、「エクストリーム」は拠点探索型の狭い世界になってしまいました。

 「エクストリーム」は「1」「2」とは明確に差別化された作品(ナンバリングタイトルでないこともその証左だと思います)なのですが、多くのユーザーにとっては期待外れのクソゲーと感じてしまったのだと思います。

クソゲーとされる理由に納得できるか

 ストーリーの穴やつじつまが合わない描写については納得しています。

 ただ「シナリオ型RPGを期待していたのに裏切られたから」という理由には……。というのも図書館で「エクストリーム」発売前のゲーム雑誌を読みあさったところ、どの雑誌でも発売前から「グランディア エクストリームはこれまでの2作とは違う」ということが、明確に打ち出されていたからです。この前情報を得ていたにもかかわらず、勝手に期待して勝手に裏切られたとクソゲー扱いするのであれば、納得できません。

 「グランディア」の「1」「2」は主人公の冒険を追体験するゲーム。「エクストリーム」はやり込みという形で、プレイヤー自身が冒険をするゲームなのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」