ニュース
» 2020年12月30日 14時00分 公開

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】不条理で猥雑な「クーロンズ・ゲート」の世界に心を奪われて、もう23年たってしまいました(1/2 ページ)

「ハマった人の心には永久に残り続ける作品と思います」。

[ねとらぼ]

 年末企画「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」。今回は、1997年にPS向けに発売されたアドベンチャーゲーム「クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-」。ハマらない人にはハマらない、でもハマる人にはめちゃくちゃハマる、いわゆる“カルト的な人気作”。

企画:好きなゲームが世間のクソゲー

「これはクソゲー」「あれはクソゲー」と世間は気軽に言うけれど、遊び方も感性も人それぞれ。むしろ、そんな風に言われている作品の魅力を知っている人に話を聞いてみよう。Twitterで募集をかけたら、2〜3人くらい手を上げてくださるのでは?

……と思っていたら、100人くらいから連絡が来ちゃった企画です。編集部のリソース的に可能な範囲で記事化。1日1本ペースだと公開しきるまでに数カ月かかるので1時間に1本ずつ公開します。

「クーロンズ・ゲート」(シナモン文鳥さん)

 学生時代、知り合ったばかりで仲もさほど良くなかった先輩からある日突然、声をかけられました。

 「君、ゲーム好きだって言ってたよね。俺はこのゲーム、何も理解できなかったし、EDまで到達できなかった。だから、君にこれを託す。君ならきっと理解してクリアできるはずだ」。

 そうして手渡されたのが、「クーロンズ・ゲート」の初回限定版。ゲーム好きを公言しながらも実は情報に疎く、このゲームのことを知らなかった私は、ドキドキしながらPSにセットしました。

 このゲームの魅力は「東洋の魔窟」と呼ばれた九龍城砦(※)を描写した点にあります。ネオンで華やかに彩られながらも、路上には廃棄物が雑に置かれ、そっけない住人はそれぞれ秘密を隠し持っている……。今でこそアジアの街を舞台にした作品はありふれていますが、本作が登場した当時(1997年)は珍しかったのです。当時のゲームの舞台と言えば、宇宙か西洋的なファンタジー世界のような、美しく整然とした場所でしたから。

九龍城砦:俗に「九龍城(クーロンじょう)」と呼ばれる、かつて香港に存在した巨大なスラム街。その姿にはアヤしい魅力があり、映画などの舞台にも選ばれている

 天井を這うパイプ、汚くはがれかけたポスターまで細かく描写された世界。そして、本作の音楽監督・●島邦明さん(はいしまくにあき/●はくさかんむりに「配」)のサウンドスケープ。遊び始めてすぐこのゲームに引き込まれ、「こんな世界があったんだ、この世界をもっと知りたい……」とプレイする手が止められなくなりました。

 はっきりとした答えのないストーリーと相まって、私はあの猥雑な街の魅力に取りつかれ、現在も心とらわれたままでいます。もう23年たってしまいました。

 今でも時折、特にクリアを目指すわけでもなく、旅行気分で九龍の街々を行ったり来たり。地面や張り紙、人々を観察しているだけで楽しいですね。また、本当の香港まで行って、PSPに入れた「クーロンズ・ゲート」を遊んだりもしていました。ちなみに、一番好きな場所は大井路です!

世間ではクソゲーと言われている理由

 前段で「はっきりとした答えのないストーリー」と申しましたが、ここに理由の一点があると思われます。また、ゲーム内容が単調なお使いであることも一因ではないかと推測しています。明快な勝ち負けやカタルシスを求める方々には向かないでしょう。

クソゲーとされる理由に納得できるか

 納得できます。このゲームはあまりにも類を見ないものだからです。

 ただ、ハマった人の心には永久に残り続ける作品と思います。私は「クーロンズ・ゲート」のEDを迎えた後も不条理の世界から去りがたくなり、攻略本『コンプリート クーロンズ・ゲート』で挙げられているゲーム制作時のイメージソースとなった映像作品や小説を読みふけっていました。

 最近は毎年のように「クーロンズ・ゲート」のニュースがあり、その時々のイベントには欠かさず参加してます。ファンの皆さまや制作陣のクーロン愛が熱いですね。もちろん、2021年秋発売予定の「クーロンズリゾーム」もとても楽しみにしております。クーロンの地下茎(リゾームは地下茎の一種のこと)は終わりなく、永遠に伸び続けることでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」