ニュース
» 2020年12月17日 12時30分 公開

ミュージカル「黒執事」新作、キャスト一新で新作上演へ 名脇役演じた葬儀屋・和泉宗兵も交代でロスの声

2代目・古川雄大さんからバトンタッチ。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 2.5次元ミュージカル「黒執事」(通称:生執事)が12月17日、新作の上演を発表。2017年上演の前作よりキャストを一新し、セバスチャン・ミカエリス役を立石俊樹さん、彼が仕える主人シエル・ファントムハイヴ役を小西詠斗さんが演じます。

ミュージカル 黒執事 キャスト 一新 生執事 寄宿学校の秘密 寄宿学校編 枢やな 松下優也 古川雄大 小西詠斗 立石俊樹 (C) 2021枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

 ミュージカル版原作の『黒執事』は枢やなさんが月刊『Gファンタジー』(スクウェア・エニックス刊)で連載中の人気コミックシリーズ。今作は原作14〜18巻の「寄宿学校編」をもとに「ミュージカル『黒執事』〜寄宿学校の秘密〜」と題し、2021年春に東京・大阪での新作公演が決定しました。なお詳細な日程や会場は、追って発表される予定です。

 「生執事」の愛称で知られるミュージカル版は、2009年にスタート。これまでタイトルロールのセバスチャン役を、松下優也さん、古川雄大さんら2.5次元の枠にとどまらず、「エリザベート」「サンセット大通り」といったいわゆるグランドミュージカル作品でも活躍する実力派キャストが演じてきました。そうそうたるキャストからバトンを受け取った3代目セバスチャンの立石さんは、自身初の座長公演に「初主演!!!」と気合いのこもったツイートを投稿。「精一杯頑張りますので来年春の上演を楽しみにしていてください」と意気込みを表明しています。

ミュージカル 黒執事 キャスト 一新 生執事 寄宿学校の秘密 寄宿学校編 枢やな 松下優也 古川雄大 小西詠斗 立石俊樹 朝ドラ俳優としても人気の2代目セバスチャン役・古川さん(画像はYouTubeから)

 新作では初演から葬儀屋役を演じてきた和泉宗兵さんもシリーズ降板となったことで、これまでとは全く異なる“新生・生執事”が制作されることに。クセの強い役柄を好演していただけに「和泉さんロスになりそう」「葬儀屋が和泉さんじゃないのショック」とキャスト交代を惜しむ声がファンから上がる一方で、和泉さんは「とても楽しみ」「応援しています」とTwitterに投稿し新生・生執事へエールを送っています。

ミュージカル 黒執事 キャスト 一新 生執事 寄宿学校の秘密 寄宿学校編 枢やな 松下優也 古川雄大 小西詠斗 立石俊樹 和泉さん演じる葬儀屋(画像は和泉宗兵Instagramから)

 また2017年以来となる新作上演を待ちわびていたファンからは「寄宿学校編、大好きだから嬉しい」「すっっっごいまってた」と喜びの声も上がっています。

2017年上演の前作「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」

(C) 2021枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.