ニュース
» 2020年12月18日 16時35分 公開

出産寸前の吉田明世、逆子治療は効果なし 帝王切開での出産が“ベストなかたち“と覚悟 (1/2)

ずっと悩みや不安に駆られる日々だったとも。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 フリーアナウンサーの吉田明世さんが12月18日に自身のInstagramを更新。逆子治療の効果が現れなかったことを報告するとともに、帝王切開での出産を決意したと明らかにしています。

吉田明世 逆子 帝王切開 マタニティフォトも公開した吉田さん(画像は吉田明世Instagramから)

 吉田さんは10月に第2子妊娠を発表。12月には臨月へ突入しており、2歳半を迎えた長女と一緒に遊んだり、気持ちのいい外にお出かけする写真を公開しながら、「2人それぞれに100%ずつ、200%の愛情を注げるよう、母ちゃん頑張ります」と、家族が増えた後の抱負を力強く語っていました。

吉田明世 逆子 帝王切開 臨月を報告する投稿(画像は吉田明世Instagramから)

 ずっと明るい日常報告を続けてきた吉田さんでしたが、産前最後の健診がこの日あったことに触れつつ、おなかの子どもが28週ごろから逆子の状態にあると沈んだトーンで告白。おきゅうや体操などもなかなか効果がみられず、「なんでかなぁ。。」と思い悩み、不安を感じる日々を乗り越えた末、逆子がわが子にとって一番居心地のいい姿勢なのだと何とか思い切ることができたといいます。

 吉田さんは「帝王切開での出産が、ベストなかたちなのだと前向きに、覚悟を決めることができました!」とも断言し、どんな出産方法を取っても「赤ちゃんの誕生は奇跡そのもの」なのだと、自分に言い聞かせるようにコメント。逆子が残された時間で直ってくれることをほんのわずかに期待しながら、「赤ちゃんとの対面を待ちたいと思います」としています。

吉田明世 逆子 帝王切開 長女とじゃれ合うひと時(画像は吉田明世Instagramから)

 帝王切開を以前経験したファンからは「ママのここから生まれてきたの? と嬉しそうに言う我が子を見て、誇らしくも思います!!」「終わってみればこんなもんかって感じでした 母は強いです」と、出産に臨む吉田さんを励ます声が多数寄せられていました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン