「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために(2/3 ページ)

» 2020年12月25日 17時00分 公開
[百合野綾ねとらぼ]

「えんとつ町のプペル」の出発は自叙伝だった

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――続いて作品について。えんとつ町では、煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった世界。空を見上げることをばかにされてしまうのが大きなテーマだと感じました。日本の現代社会とリンクした部分があると思ったのですが、もともと現実とリンクさせたいという構想があって、作品としてアウトプットしたのでしょうか? このテーマを描きたかった理由を教えてください。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: 僕も聞きたいです!

西野: 窪田さんの前でこんなことを言うのも恥ずかしいんですが……。始まりは自叙伝なんです。自分が25歳のときに「もうテレビやめよう」と思って。端から見ると順風満帆だったんですけど「テレビに居てても、世界獲れるんだっけ?」とか「言語に依存しちゃっているな」と考えたときに、「世界のエンタメを獲ることにつながっていないかも」と思って、新しく仕事を取りに行くことは絶対しないと決めて、テレビから軸足を抜きました。

 そこからは、やったこともない絵本を描き始めたんですが、その時のバッシングがすごかったんですよ。「何で芸人が絵本を描いているんだ」「芸人だったらひな壇出ろよ!」などといわれて。バッシングがもうファッションみたいになっていて。当時はメディアも総出で「あいつはダメだ」みたいな感じに報じていました。

 だから、「あれ、何でこんな言われるんだろう?」「別に誰かに迷惑を掛けているわけでもないのに、自分の時間を使って挑戦をしたら何でこんなことを言われるのかな?」という疑問は強くあって。そのときに、自分に刺さる話を書くことは、自分と同じような目に遭っている人にも刺さるだろうなと感じて、自分の話を書けばいいと思ったんです。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: なるほど。

西野: そんなところからスタートしたんですけど、「夢を語れば笑われ、行動すればたたかれるこの現代社会を、何に置き換えたら一番しっくりくるかな?」と思ったときに「えんとつ町」になったんです。煙もくもくで空を見上げることも知らないし、見上げる人はとにかく徹底的にたたかれる、という町です。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

 でも、コロナ禍で意味合いがちょっと変わりましたね。僕一人の話かなと思ったら、世界中のみんなの夢や希望もありゃしないみたいな世界になってしまって。たまたま映画の公開時期に世界がそうなってしまった。もともとは自叙伝だったのに、今の世界を反映したような話になったんです。

窪田: でも何でそうなったんですか? ごめんなさい、聞きたくなっちゃって。

西野: やっぱり、みんなどこかで折り合いはつけたんだろうなとは思います。要は、芸人もみんな最初は、冠番組を持ったりとか、いろいろやりたかった仕事があったはず。でも、どこかで折り合いをつけている。そんな中で折り合いも付けずにバッと新しいことを始めちゃうのは、折り合いをつけた人からすると、あまり気持ちの良いものではない。

窪田: なるほど。

西野: その後のバッシングはまた種類が違いましたけどね。2012年〜2013年にクラウドファンディングをしたんです。「広告費でエンタメをまわす限界が来た」と思っていた時期。テレビの広告費がどんどん落ちていく中、どんどん表現が小さくなっちゃうと感じて「これダメだ」と思って。

 2012年から「広告費はいらない。とにかくダイレクト課金だ」って。挑戦に直接課金してくれる人を何人作るかの方が、大きい挑戦ができるなと思って。2012年あたりから、クラウドファンディングを積極的にやるようになったんです。今でこそ一般化してきましたが、当時はクラウドファンディングなんてみんなまだほとんど知らなかった。だから「宗教だ」「搾取だ」って。まるで悪いことをしているみたいな風にいわれて。

窪田: みんな知らないからですね。

西野: そうなんです。だから、「知らない」ことと「嫌い」という感情は極めて近い位置にあるなと。みんな嫌いだから嫌っているわけではなくて、知らないものを嫌っているケースが結構多いなって思います。基本的に「知らない」ことをやると、たたかれることはありました。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――好きの反対は嫌いではなく無関心、無関心と嫌いの距離が近いというのは興味深いですね。今作はそこに対するアンチテーゼなのかなとすごく思いました。

西野: そうですね。話を書いたのが2012年ごろだったのでそれが強かったのかもしれないですね。

――でも、なぜそれを“ゴミ人間”のプペルとして描いたのですか。

西野: みんな子どものときって漠然とした夢のようなものがあったと思うんです。「有名になりたい」「お嫁さんになりたい」「お金持ちになりたい」「スポーツ選手になりたい」とか。でも、大人になる過程でいろんな理由で夢に折り合いをつけて捨てちゃうじゃないですか。そんな中、みんなが捨てたものを大切に持ち続けている奴がいて。そいつは今まさにそれを輝かせようとしている。いい歳ぶっこいて夢を持ち続けている。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

 つまり、“夢追い人”っていうのは「人が捨てたものをまだ持っている」という点で、“ゴミ人間”である。周りからすると、折り合いをつけて夢を捨てちゃった自分がばかみたいだから、「輝かせるな!」とつぶす意識が働いちゃって、もう臭くて仕方がない。

 夢を持っている人が攻撃されるメカニズムはそうなんだろうなっていうことで、“ゴミ”はみんながもともと持っていた“夢の塊”。すごく大事にしていたものだけど、折り合いをつけて捨てたものの塊だから、みんなからすると不協和音。具合が悪い。見たくないものだということです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」