ニュース
» 2020年12月25日 17時00分 公開

「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために(2/3 ページ)

[百合野綾,ねとらぼ]

「えんとつ町のプペル」の出発は自叙伝だった

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――続いて作品について。えんとつ町では、煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった世界。空を見上げることをばかにされてしまうのが大きなテーマだと感じました。日本の現代社会とリンクした部分があると思ったのですが、もともと現実とリンクさせたいという構想があって、作品としてアウトプットしたのでしょうか? このテーマを描きたかった理由を教えてください。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: 僕も聞きたいです!

西野: 窪田さんの前でこんなことを言うのも恥ずかしいんですが……。始まりは自叙伝なんです。自分が25歳のときに「もうテレビやめよう」と思って。端から見ると順風満帆だったんですけど「テレビに居てても、世界獲れるんだっけ?」とか「言語に依存しちゃっているな」と考えたときに、「世界のエンタメを獲ることにつながっていないかも」と思って、新しく仕事を取りに行くことは絶対しないと決めて、テレビから軸足を抜きました。

 そこからは、やったこともない絵本を描き始めたんですが、その時のバッシングがすごかったんですよ。「何で芸人が絵本を描いているんだ」「芸人だったらひな壇出ろよ!」などといわれて。バッシングがもうファッションみたいになっていて。当時はメディアも総出で「あいつはダメだ」みたいな感じに報じていました。

 だから、「あれ、何でこんな言われるんだろう?」「別に誰かに迷惑を掛けているわけでもないのに、自分の時間を使って挑戦をしたら何でこんなことを言われるのかな?」という疑問は強くあって。そのときに、自分に刺さる話を書くことは、自分と同じような目に遭っている人にも刺さるだろうなと感じて、自分の話を書けばいいと思ったんです。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: なるほど。

西野: そんなところからスタートしたんですけど、「夢を語れば笑われ、行動すればたたかれるこの現代社会を、何に置き換えたら一番しっくりくるかな?」と思ったときに「えんとつ町」になったんです。煙もくもくで空を見上げることも知らないし、見上げる人はとにかく徹底的にたたかれる、という町です。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

 でも、コロナ禍で意味合いがちょっと変わりましたね。僕一人の話かなと思ったら、世界中のみんなの夢や希望もありゃしないみたいな世界になってしまって。たまたま映画の公開時期に世界がそうなってしまった。もともとは自叙伝だったのに、今の世界を反映したような話になったんです。

窪田: でも何でそうなったんですか? ごめんなさい、聞きたくなっちゃって。

西野: やっぱり、みんなどこかで折り合いはつけたんだろうなとは思います。要は、芸人もみんな最初は、冠番組を持ったりとか、いろいろやりたかった仕事があったはず。でも、どこかで折り合いをつけている。そんな中で折り合いも付けずにバッと新しいことを始めちゃうのは、折り合いをつけた人からすると、あまり気持ちの良いものではない。

窪田: なるほど。

西野: その後のバッシングはまた種類が違いましたけどね。2012年〜2013年にクラウドファンディングをしたんです。「広告費でエンタメをまわす限界が来た」と思っていた時期。テレビの広告費がどんどん落ちていく中、どんどん表現が小さくなっちゃうと感じて「これダメだ」と思って。

 2012年から「広告費はいらない。とにかくダイレクト課金だ」って。挑戦に直接課金してくれる人を何人作るかの方が、大きい挑戦ができるなと思って。2012年あたりから、クラウドファンディングを積極的にやるようになったんです。今でこそ一般化してきましたが、当時はクラウドファンディングなんてみんなまだほとんど知らなかった。だから「宗教だ」「搾取だ」って。まるで悪いことをしているみたいな風にいわれて。

窪田: みんな知らないからですね。

西野: そうなんです。だから、「知らない」ことと「嫌い」という感情は極めて近い位置にあるなと。みんな嫌いだから嫌っているわけではなくて、知らないものを嫌っているケースが結構多いなって思います。基本的に「知らない」ことをやると、たたかれることはありました。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――好きの反対は嫌いではなく無関心、無関心と嫌いの距離が近いというのは興味深いですね。今作はそこに対するアンチテーゼなのかなとすごく思いました。

西野: そうですね。話を書いたのが2012年ごろだったのでそれが強かったのかもしれないですね。

――でも、なぜそれを“ゴミ人間”のプペルとして描いたのですか。

西野: みんな子どものときって漠然とした夢のようなものがあったと思うんです。「有名になりたい」「お嫁さんになりたい」「お金持ちになりたい」「スポーツ選手になりたい」とか。でも、大人になる過程でいろんな理由で夢に折り合いをつけて捨てちゃうじゃないですか。そんな中、みんなが捨てたものを大切に持ち続けている奴がいて。そいつは今まさにそれを輝かせようとしている。いい歳ぶっこいて夢を持ち続けている。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

 つまり、“夢追い人”っていうのは「人が捨てたものをまだ持っている」という点で、“ゴミ人間”である。周りからすると、折り合いをつけて夢を捨てちゃった自分がばかみたいだから、「輝かせるな!」とつぶす意識が働いちゃって、もう臭くて仕方がない。

 夢を持っている人が攻撃されるメカニズムはそうなんだろうなっていうことで、“ゴミ”はみんながもともと持っていた“夢の塊”。すごく大事にしていたものだけど、折り合いをつけて捨てたものの塊だから、みんなからすると不協和音。具合が悪い。見たくないものだということです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声