「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために(3/3 ページ)

» 2020年12月25日 17時00分 公開
[百合野綾ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

「安心感が強かった」 芦田愛菜さんとの収録

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――“ゴミ人間”のプペルを窪田さんにオファーした理由を教えてください。

西野: プペルとルビッチのお2人に関しては、いろんな意味で「勝ったな」と思っています。コロナ禍のご時世とあまりにもシチュエーションが重なったので、みんなが映画を見るときに、プペルとルビッチの言葉を2020年に経験した何かと重ね合わせて見るんだろうな、て。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

 例えば、ルビッチだったら星を見ようとしているし、プペルは「いけるいける」って言うし。その2人の言葉にうそくささみたいなものがあったらダメだと思ってて、そこはスタッフ満場一致でそりゃあそうだよねって。結論、何かっていうと、プペルっぽい人に(笑)。

――(笑)。

西野: 役者さんに対する言い方として正しいのかは分からないですけど……。たぶん演じられすぎちゃうとダメなんだろうっていうのはあったので。(窪田さんが)プペルっぽいじゃないですか?(笑)

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: あっ! そうなんですか?

西野: こんな状況下でも前に行こうとする強さがあるということ。むちゃくちゃかっこいいし、声もとにかくかっこいいんですが、バラエティー番組に出られているときに、「やめてくださーい」みたいな“オネエ”が入った瞬間が(笑)。

窪田: あはは(笑)。ありました?(笑)

西野: でもそれがすごく良かったんですよね。それが想像していたプペルの姿と重なったので。そういう人が最後パッて締めてくれると、グッてくるじゃないですか。やっぱオネエが良かったかもしれない。

窪田: そこでしたか(笑)。

―― 窪田さんは、映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」以来二度目の声優挑戦でした。俳優でのお芝居との違いは感じましたか?

窪田: お芝居の場合はせりふの掛け合いをして、いろんな形が変わっていくけど。声優は普段体現しているものではないし、相手の声が答えとして出ているから、そこに帳尻を合わせていく風にやっていきました。

―― 収録はどうでしたか。

窪田: 5〜6時間くらいひたすらずっと1人で、スケジュールの都合上、一緒に収録できたのは(芦田)愛菜ちゃんだけでした。愛菜ちゃんとは初対面だったんですけど、いきなり2人でブースにこもって。真ん中にアクリル板のパーテーションがあって、あとはもうやるだけ! っていうスタンス。それまでずっと1人だったから、愛菜ちゃんがいてくれたことが僕にとっては安心感が強かったんですよね。

――事前に芦田さんとは打ち合わせなどはされていなかったんですか?

窪田: 全然。かわいらしい姿で来られて「初めましてー!」って台本持ってやりまーす! みたいな。

 ただ、プペルは“ゴミ人間”というキャラクターで、完成されている形態ではない。ルビッチこそがプペルの“核”だと僕は思っているから、何か彼によって導かれて、彼が成長すればその成長にプペルも引っ張られると思っていたので。愛菜ちゃんが的確な声でルビッチ像を作ってくれるから、そこに乗っかっていく中で、プペルがどんどん人間っぽくなっていった印象がありました。

窪田正孝、役者としてのスタンスは「現場の中で演じることが全て」

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――現代社会を投影している作品ということでお聞きしますが、今の時代は嫌でもネット上の書き込みが目に入ってくると思います。お2人は普段SNSでエゴサーチなどはされますか?

西野: 僕はします。Twitterは自分がつぶやくことはあまりないですが、人が何を見ているのかなー、どういうことを考えているのかなーっていうところで結構使いますね。

 いまさら悪口をいわれたとしても、何とも思わないですし、人は今これに興味持っているんだっていうのを知りたいだけですけど。だからといって、世間の声に合わせることはしないですが、ただそれだけですね。

――なるほど。窪田さんは?

窪田: 僕は全くしないですね。僕は現場の中で演じることが全て。編集されたら、僕らは“具材”でしかないと思っていて、監督がそれをどう編集して音楽を入れて、人の目に映るものとするのかに委ねています。カメラ側に写っているものに興味がなくて、むしろ僕はその現場で起きたことを自分の主観でしっかり記憶しておきたいという思いがあります。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

――最近でいうと、主演を務めた連続テレビ小説「エール」も見ていなかったんですか?

窪田: あまり見ていなかったですね。でも、現場のことははっきり覚えていて。ただ、自分が出ていないシーンは気になって見たりします。「奥さん(二階堂ふみさん)どんな芝居しているんだろう?」とか。そういうのはすごく気になっちゃいますね。

――面白いですね……! では最後に、コロナ禍で今作はどのように受け止められてほしいか、受け止められると思うかをお聞かせください。

西野: 2020年は本当にコロナ禍なしでは語れないと思うので。それでいうと今作はシチュエーションがかぶってしまっている世界。みんなこの2人と同じように大変な思いをして、それでも「いくぞ!」ってやっちゃうこの姿が、今大変な思いをされている方の“エール”になればうれしいです。

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

窪田: ありがとうございます(笑)。僕は、大人の人にこそ見てほしいなと思いました。先ほど西野さんのお話も本当にそうなんですけど、大人になるにつれ、なくしていくものの方が多い気がしていて。折り合いをつけちゃったり、しょうがないって勝手に線引きしちゃったりするじゃないですか。

 だから今そうやって、例えば、SNSなどで個々が発信していることを僕はすごく良いことだと思う。僕はやらないけど、見るのはすごく好き。そういうツールで、人と人とがつながっていくことがすごいこと。昔から共通していることって、人と人がいれば必ず何かが生まれるというか。相手の顔を見ることや会話で、必ず何かの感情が生まれていくと思うんです。

 コロナ禍ですごく閉ざされて、距離ができることがあっても、向き合える人がいるということで、どれだけの人が救われたんだろうって。ステイホームのとき、それぞれいろいろな感情があったと思うけど、その集大成というか。この年末にプペルを上映できるのはすごく意味があるんじゃないかと思うので、幅広い層というより、僕は大人の人にこそ見てほしいなと思いました。

――ありがとうございました。

(C)西野亮廣/「映画 えんとつ町のプペル」製作委員会
配給:東宝=吉本興業

プレゼントキャンペーン

ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で2名(1人につき1枚)に、窪田正孝さんと西野亮廣さんそれぞれのサイン入りチェキをプレゼントします。窪田さんと西野さんへの応援メッセージをリプライすると、当選確率がアップ!

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル

キャンペーン応募方法

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)ねとらぼエンタのYouTubeをチャンネル登録

(3)告知ツイートをRTで応募完了

※当選の際には、登録チャンネルを確認させていただくため、ご自身のYouTubeチャンネルのURLが必要となります。あらかじめご了承ください。

注意事項

  • 締切期限は2021年1月1日正午
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください

フォトギャラリー

西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル 西野亮廣 窪田正孝 えんとつ町のプペル



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」