ニュース
» 2021年01月02日 11時00分 公開

世界各地の犬情報をまとめた“犬種図鑑の決定版”がパワーアップ! 2021年1月に発売

世界の犬種430種を写真付きで紹介。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 世界の犬種430種を写真付きで紹介した『増補改訂 最新 世界の犬種大図鑑』が、2021年1月12日に誠文堂新光社から発売されます。

世界の犬種大図鑑 『増補改訂 最新 世界の犬種大図鑑』

 世界にはさまざまな犬種がおり、その数は500種とも1000種を超えるともいわれています。同書はその中から、犬種として血統を守り維持されている430種を紹介しています。

世界の犬種大図鑑 世界の犬種430種を紹介した図鑑です

 それぞれの犬種には、牧羊犬や猟犬など作業や役目のために作り出されたという歴史があります。

 犬は人々の暮らしに深くかかわってきたため、近隣の国やエリアで似通った犬種が残っていることがあります。一方で、離れた土地でも同じような目的のために同じような犬種を作り出していることがあり、背景や歴史を掘り下げると興味深いつながりが見えてきます。

世界の犬種大図鑑 犬の毛色の解説
世界の犬種大図鑑 コリーに似た牧羊犬たち
世界の犬種大図鑑 シェパード・ドッグ いろいろ
世界の犬種大図鑑 耳慣れない犬種も多数
世界の犬種大図鑑 たくさん発見がありそうです

 ページの前半では、犬種の基礎知識、成り立ち、ケネルクラブの出現、ブリーダーの役割などを解説しています。後半では、世界各地の犬種を「牧羊犬・牧畜犬」「使役犬」「愛玩犬」などの特徴別にまとめて掲載しています。

 使われている写真は、その犬種特有の動きや大きさなどが分かるものをセレクト。大きさや性質などのデータだけでなく、犬種の歴史や背景も詳しく紹介しています。

目次抜粋

犬種の基礎知識

犬種の成り立ち

ドッグショーの始まり

ケネルクラブの出現

ブリーダーの役割

犬種の復興

ドッグスポーツとアクティビティ

現代のドッグスポーツ ノーズワーク

犬のからだ

似通った特徴をもつ犬種たち

世界の犬種

第1グループ 牧羊犬・牧畜犬

第2グループ 使役犬

第3グループ テリア

第4グループ ダックスフンド

第5グループ 原始的な犬・スピッツ

第6グループ 嗅覚ハウンド

第7グループ ポインター・セター

第8グループ レトリーバー、スパに終える、ウォーター・ドッグ

第9グループ 愛玩犬

第10グループ 視覚ハウンド

 著者はスウェーデン在住で動物関連の著作を多数手掛けている藤田りか子氏。ヨーロッパやアジアなどのケネルクラブを統括するFCI(国際畜犬連盟)のスタンダード委員会会長、リネー・ヴィレス氏が編集に協力しています。

 今回の改訂で追加されたのは10犬種で、国内の犬種図鑑では最多の掲載種数とのこと。既出の犬種についても、最新の情報にアップデートされています。

 『増補改訂 最新 世界の犬種大図鑑』は、A4変形判/448ページで価格は8800円(税込)です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.