ニュース
» 2021年01月11日 10時00分 公開

殺処分待ちだった子犬が8カ月でムキムキに! 保護犬の成長ビフォーアフターに「たくましい!」「よかった」の声

細マッチョ!

[かのん,ねとらぼ]

 飼い始めて8カ月でムッキムキになった元保護犬ちゃんの写真がTwitterに投稿され、話題となっています。



 こちらの写真を投稿したのは、飼い主で漫画家のかざあな(@kazaana)さん。生後2カ月半で保護犬シェルターから引き取った愛犬の「おもち」ちゃんは現在1歳半の女の子です。子犬の頃の面影はややあれど、思わず見とれるほどのムッキムキの体に成長しました。その体重は17キロ!


犬 1歳半、美しいムキムキ犬へと成長

 引き取られた当初から……いえ、引き取られる前からすでに、とってもヤンチャだったおもちちゃん。ドッグランで毎日走って暴れまくった結果、このように立派な体格に成長したとのこと。子犬の頃は自分の影を怖がるおもちちゃんを抱っこで散歩に行ったりもしたようですが、今では体格的にも精神的にもその必要はなくなったそうです。


犬 今ではこのガタイの良さ!

 白くたくましい体はほれぼれするほど美しく、まだ子犬らしいヤンチャな動きとのギャップがたまりません。この投稿には「強さしか感じねぇ」「りりしい!」「右フック犬の仲間入りができそう」「小顔に細マッチョ」とその体格の良さをほめたたえるリプライが数多く寄せられています。

 おもちちゃんは生後2カ月半頃に、保健所で殺処分待ちだったところを千葉県の保護犬シェルターに引き取られ、その後かざあなさんの奥様で漫画家・イラストレーターの「日夏たね(@hinatsutane)」さんの直感で「この子だ!」と迎え入れられました。

 体が大きくなったのはもちろんのこと、かざあなさん夫妻のあふれる愛情で心の栄養もたっぷりと補充され、心身ともに健やかに成長していっているのでしょう。これからも元気に走り回って、楽しい毎日を過ごしてほしいものですね。

 また、投稿主のかざあなさんの漫画『スタガク』(Amazon Kindle版)、作画を担当した漫画『ナノハザード』が販売中です。

おもちちゃんギャラリー



画像提供:かざあな(@kazaana)さん/おもち(@omochi1028)ちゃん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10