ニュース
» 2021年01月16日 19時36分 公開

イラストレーター焦茶さん、2020年6月に逝去 YOASOBI・Ayaseの楽曲イラストなどで活躍(1/2 ページ)

アート、音楽、ファッションなど幅広いジャンルで活躍されていた焦茶さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 新進気鋭のイラストレーターの焦茶さんが2020年6月末に不慮の事故で逝去していたことを、2021年1月15日に関係者が焦茶さんのTwitterで公表しました。

焦茶 逝去 事故 亡くなった焦茶さんの作品(画像は焦茶 Instagramから)

 関係者は書面で「昨年6月に仕事場にて不慮の事故により亡くなりました。警察にもご確認頂きましたが事件性はありません」と報告。焦茶さんがお気に入りだったという那須高原のコテージで家族と1週間過ごした翌日の出来事だったそうで、「息子を亡くした私共の悲しみは今も癒えておりません」と悲痛な思いをつづっています。なお、葬儀は近親者のみで執り行われたことのことです。

 1995年生まれの焦茶さんは、これまでバーチャルタレント・樋口楓さんのイベントビジュアルや、『Fate/Grand Order 電撃コミックアンソロジー11』(電撃コミックスNEXT)の表紙、小説装画『重力アルケミック』(星海社)、『火曜新聞クラブ−泉杜毬見台の探偵−』(ハヤカワ文庫)などを担当。また、音楽ユニット「YOASOBI」のAyaseによる楽曲「幽霊東京」のイラストや、「WEGO」とバーチャルシンガー「初音ミク」のコラボイラストを描き下ろしなど、幅広く芸術作品に携わり、2019年6月には自身初の個展「HELLO HELLO HELLO」も開催していました。

焦茶 逝去 YOASOBI 焦茶さんがイラストを手掛けた「幽霊東京」(画像はYouTubeから)

 焦茶さんの訃報に、ネット上では星海社、電撃文庫、集英社の「JUMP j BOOKS」編集部と多くの出版社から追悼メッセージが寄せられた他、ファンからは「涙が止まりません」「亡くなられたなんて信じられないです」「焦茶さんの描く世界観がめちゃくちゃ大好きでした」「彼と彼の作品がこれから先もずっと人々の元に伝わり続きますように」など、偲(しの)ぶ声が多数上がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む