ニュース
» 2021年01月17日 17時19分 公開

中川翔子、「幽☆遊☆白書」の大集合イラストでアニメ版を再現 飛影には「めちゃくちゃ難しい」と苦戦も(1/2 ページ)

さすが、めちゃくちゃうまい。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントの中川翔子さんが1月16日にYouTube「中川翔子の『ヲ』」を更新。以前からファンを公言している名作コミック『幽☆遊☆白書』(以下、幽白)のアニメ風大集合イラストをフルカラーで描く動画をアップしており、原作や舞台版、Netflixで配信予定の実写ドラマ版への思いも熱く語っています。


 これまでにも『呪術廻戦』『鬼滅の刃』『ドラゴンボール』など、ファンを公言している作品のイラスト動画を公開してきた中川さん。今回は長年好きだという幽白の「暗黒武術会編」に登場する主要キャラクターをフルカラーで描くという動画を投稿。イラストに着手する前から幽白への愛が止まらず、アニメ版のOP「微笑みの爆弾」を歌いながら「(歌詞の)『ぶち こわ す』に合わせて幻海師範がバク転するところが好きなんですよ」と熱弁する場面も。

中川翔子 幽白 幽☆遊☆白書 イラスト 実写版 呪術廻戦 以前公開した『呪術廻戦』五条悟のイラスト(画像はYouTubeから)

 中川さんによると、蔵馬や幽助はこれまでにも描いたことがあるものの、飛影と桑原を描くのは初とのこと。特に飛影に関しては「ちょっと頭の大きさが難しい」「めちゃくちゃ描くの難しい」と苦戦しながらも丁寧に描き進めていき、「飛影の檜山修之さんの声ほんとかっこいいですよね」「大人になってから見ると桑原のイイ男っぷりに気付くっていうね」「はぁ、蔵馬にシマネキ草を植え付けられたいな」など、キャラクターへの愛をあふれさせていました。

中川翔子 幽白 幽☆遊☆白書 イラスト 実写版 呪術廻戦 丁寧に線画を描いていく中川さん(画像はYouTubeから)

 他にも、以前に見た舞台「幽☆白☆白書」の仕上がりがすばらしかったことから、話題はNetflixで配信予定の実写ドラマ版に。「Netflixだとやっぱり、山崎賢人(崎は立つさき)さんとかがやるのかな」「桑原はホント高校生じゃない年齢の人がやってほしいですね。結構、20代後半とか。30代の人でもいいかもしれん」と期待を織り交ぜながら、「なんかホントに何の忖度(そんたく)もなくめちゃくちゃ巨額な資金を投資して、みんなが幸せになれる実写にしてほしいですよね」と強い願望を伝えていました。

中川翔子 幽白 幽☆遊☆白書 イラスト 実写版 呪術廻戦 完成した大集合イラスト(画像はYouTubeから)

 出来上がったアニメ風のイラストを見せ、まだまだ描き足りないとしながらも「何を描いても描き足りないっていう風になっちゃうんですけど、久しぶりに幽助を描けてとっても楽しかったです!」とうれしそうにコメントした中川さん。ファンからは「幽遊白書について語りたすぎて全然書き始めない流れ好き」と中川さんの幽白愛にほっこりする声とともに、「しょこたんは自分絵の感じも残しつつ原作の絵に寄せれるのがすごい」「これだけ上手く描けれたら楽しいだろうな〜」とイラストを称賛する声も相次いでいます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」