ニュース
» 2021年01月19日 15時20分 公開

マンガ大賞『ブルーピリオド』が2021年にテレビアニメ化 YOASOBIも過去のコラボで「大いに刺激をいただきました」

原作者・山口つばささんは「ワクワクして待っていただけたら嬉しい」。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 「マンガ大賞」を受賞した『ブルーピリオド』が、2021年にテレビアニメ化決定。原作者の山口つばささんがお祝いのコメントとイラストを寄せています。

ブルーピリオド テレビアニメ マンガ大賞 山口つばさ アニメ化が決定した『ブルーピリオド』(画像はAmazon.co.jpから)

 2017年から『月刊アフタヌーン』で連載中の同作は、成績優秀かつスクールカースト上位に位置していた高校生・矢口八虎が、学校の美術室で見た絵画作品に心奪われたことをきっかけに、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく“アート系スポ根マンガ”。2020年の「マンガ大賞」では、『チェンソーマン』『ミステリと言う勿れ』『僕の心のヤバイやつ』など人気作品が多数ノミネートされる中、大賞を受賞しています。

 山口さんは「アニメ化は漫画家としての目標の1つだったのでうれしいです」と喜びをあらわにするとともに、監督やスタッフが再解釈や再構築を重ねたアニメ版の同作について、「作品をみんなで共有させてもらっているような不思議な感覚があります」とコメント。「皆さんも私と同じように八虎たちがどんな風に動いてどんな風にしゃべるのか一緒にワクワクして待っていただけたら嬉しいです」と、ファンに呼びかけています。

 併せて山口さんは、アニメ化の記念イラストも披露。鮎川龍二、高橋世田介ら美術の世界を志す同世代に囲まれ、ニヤッとした表情の八虎がキャンバスに向かって「ブルーピリオドアニメ化決定!」と殴り書きする様子を捉えたユニークな1枚となっています。

ブルーピリオド テレビアニメ マンガ大賞 山口つばさ 山口さんの記念イラスト (C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

 アニメ化を喜ぶ声がSNSに大きく巻き起こる中、『ブルーピリオド』にインスパイアされた楽曲「群青」を2020年9月にリリースしたユニット・YOASOBIも祝福コメントを寄せるとともに、当時のコラボ体験を「大いに刺激をいただきました」と振り返っています。



関連キーワード

アニメ | アニメ化 | 漫画 | 芸術 | テレビ | イラスト | お祝い


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響