ニュース
» 2021年01月21日 22時00分 公開

「猫ちゃんとのコタツ、最高!」→しかし、その夜事件が…… コタツ初体験の猫の豹変を描いた漫画が面白い

飼い主vs.コタツ。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された、コタツ初体験の猫ちゃんの漫画が面白い展開です。


漫画切り抜き 飼い主さんの身に一体何が……!?

 

 漫画に登場する猫ちゃんは元保護猫のキジトラミックス、人間大好きの寂しん坊「しじみ」ちゃんです。しじみちゃんは心無い人に虐待されてしまい右前足が無く3本足というハンデを持ちつつも、飼い主さんの愛情に包まれながら元気いっぱいに暮らしています(関連記事)。

 そんなしじみちゃんの飼い主である、漫画家の天道グミさんは、このところあまりの寒さに作業が進まず、家の中でダウンジャケットを着るような生活を送っていました。


 3本足のしじみちゃん112.1 もそ……

 ダメ人間になるのを恐れてコタツが出せなかったものの、あまりの寒さと「しじみちゃんがコタツで丸くなる姿を見たい」という理由から、封印していたコタツを出すことに決めた天道さん。さて、コタツ初体験のしじみちゃんは、どんなリアクションをするのでしょうか?


 3本足のしじみちゃん112.3 不審な物を見る目です

 しじみちゃんは飼い主さんにコタツを勧められるものの使い方がわからず、とりあえず中に入ってみたりにおいをかいでみたりと、いぶかしげにチェック。いまいちしっくりこなかったのか、初日は戸惑うばかりでした。

 コタツを出して2日目、飼い主さんはコタツ布団を少し上げて、しじみちゃん用の入り口を作ってみることに。すると、こたつの暖かさや気持ちよさがわかったのか、しじみちゃんは中に入って落ち着いた様子を見せてくれるようになりました。


 3本足のしじみちゃん113.1 こたつを満喫する飼い主さん

 コタツに乗ったしじみちゃんのおしりがかつてないほど近くなったり、しじみちゃんを見ながら絵を描けたりと、幸せな出来事が続いて「コタツ最高!」と思う飼い主さん。しかし残念なことに、その晩“ある事件”が起こってしまったのです……。


 3本足のしじみちゃん114.1 こたつ最高……!だったはずが……?


 3本足のしじみちゃん115.1 こたつにしじみちゃんを奪われてしまったのでした

 毎晩添い寝をしてくれるはずのしじみちゃんが、何時になってもお布団に来てくれません。翌朝「まさか……」と思いコタツ布団をめくってみると、そこには中で思いっきりくつろぐしじみちゃんが……!

 癒やしの添い寝タイムをコタツに奪われてしまい、思わず歯ぎしりするほどコタツが憎くなってしまう飼い主さん。しかし、寒いし何よりしじみちゃんが気に入っている……絶対に許せないけれどコタツは好き……! と葛藤が終わらない飼い主さんなのでした。飼い主とコタツの戦いは続く……!

 天道グミさんはTwitter(@kawakimon)にしじみちゃんとの暮らしを描いた漫画「3本足のしじみちゃん」や、しじみちゃんの写真やイラスト「今日のしじみちゃん」を投稿しています。









画像提供:天道グミ(@kawakimon)さん

三日月 影狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」