ニュース
» 2021年01月21日 16時49分 公開

ハチミツ二郎、“新型コロナ”で一時危篤だった 公表の裏には「サンド」伊達の思い

YouTubeでは入院中の様子などを語っています。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「東京ダイナマイト」のハチミツ二郎さんが1月21日にTwitterと、相方の松田大輔さんと運営しているYouTube「東京ダイナマイト公式チャンネル」を更新。2020年12月にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)で意識不明となり、1カ月もの間入院していたことを公表しました。


ハチミツ二郎 新型コロナ 重症 現在 昏睡 相方の松田大輔さんとハチミツ二郎さん(画像はYouTubeから)

 「新型コロナウイルス陽性となり、重症化、危篤状態になっていました」「ICUで8日間眠り続け、1ヶ月入院」と当時の病状を明かし、現在は回復して仕事に復帰していると報告した二郎さん。同日に投稿した動画では、意識不明の状態が続いたためCOVID-19であることを公表していなかったと明かし、発熱し入院してから退院するまでの経緯を語っています。


 二郎さんによると、外出自粛を徹底し、うがいや手洗いを行い、早寝早起きを心掛けるなど健康にも気を遣っていたものの、2020年12月14日の夜に発熱。39度を超える高熱と体内の酸素濃度低下が見られ、既往歴からも新型コロナウイルスの感染リスクが高かったこともあり、救急車で病院に搬送され入院となりました。到着した時点で既に危険な状態だったそうで、人工呼吸器を装着され眠りに落ちると、そこから8日間も意識不明の状態に。その後、27日には感染させるリスクがない状態までウイルス量が減ったものの、退院後にもともと通院していた病院へ通う予定があり、体内のウイルス量がゼロにならないと退院できなかったことから、そのまま1カ月間も入院することになりました。

 入院中、病院内はまるで戦時中のようだったと振り返った二郎さん。意識が戻った当初は立ち上がることができず、左手が全く動かなかったこともあり、リハビリを受けることに。その際、毎日COVID-19の患者しかいないフロアに訪れていたリハビリの先生の苦労をねぎらい感謝の気持ちを伝えると、「ぜひそれ(現場の苦労)を二郎さんの声で若い人に伝えてほしい。そして僕に言ってくれたその言葉を聞けば、全国のリハビリの人たちの励みにもなりますし」といわれたことも明かしていました。

ハチミツ二郎 新型コロナ 重症 現在 昏睡 病室に貼られていた「COVID-19病棟」の貼り紙(画像はYouTubeから)

 動画の終盤には、二郎さんの入院後に二郎さんやその家族を精神的に支えた「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんに電話で感謝を伝える一幕も。そこで二郎さんは、伊達さんからCOVID-19だったことを公表した方がいいといわれたと告白。伊達さんは、現在の病院や医療従事者たちのリアルな現状を、死の淵から復活した経験を持つ二郎さんの説得力ある言葉で伝えた方が良いと判断し、公表を提案したと真意を伝えていました。

ハチミツ二郎 新型コロナ 重症 現在 昏睡 伊達さんに電話する二郎さん(画像はYouTubeから)

 最後に二郎さんは、緩やかに医療崩壊へ向かっている現場の現状や問題点を指摘しながら、「自宅で亡くなるというニュースを見るたびに、俺は元気になってるのに出れなくて変わってあげたいと思ってるのに」と、なかなか退院できなかった期間のもどかしい思いを吐露。また、この問題に直面したことで「コロナの患者に10万でも20万でも出して、濃厚接触者で2週間動けなかった人にも10万とか出してっていう保証もしてあげないと、仕事クビになるかもと思って軽症者が黙ってるっていうケースが出てくるかもしれない」と今後起こりうる事態への危惧も伝えていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響