ニュース
» 2021年01月21日 19時35分 公開

東大王・鈴木光、司法試験の結果は「私は残念ながら」 報告の仕方に人間性が表れていると話題に(1/2 ページ)

次はいける!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 TBS系クイズ番組「東大王」などで才女ぶりをいかんなく発揮する現役東大生の鈴木光さんが1月21日、Insgaramで司法試験に不合格となったことを報告。5月の司法試験に再挑戦する考えを明かしました。


 鈴木さんは、2017年に東京大学文科一類に現役合格すると、入学直後から「東大王」に出演し、非凡な才能と透明感あふれる容姿で多くのファンを魅了。ついには『CanCam』デビューを果たす一方で、渉外弁護士になることへの揺るがない意志を持ち、テレビ出演などの傍ら司法試験を受験していました。


 21日にInstagramで「現在東京大学の期末試験の最中」だと報告した鈴木さんは、自身に寄せられた質問の幾つかに回答。司法試験の結果を問う声には、「まずは司法試験合格された方、おめでとうございます」と合格者を祝福。自身も通う東京大学にも4年生で合格した人間が十人程いることを「とても嬉しく思っています」と喜んだものの、「私は残念ながら今回その中に入れなかった」と今回の試験には不合格となったことをえん曲ながら明かしました。

 それでも、「渉外弁護士になりたいという気持ちは全く変わらない」と、5月に行われる次の司法試験に再挑戦する考えを表明。今回合格した人たちに続けるよう頑張りたいとつづりました。なお、2020年の司法試験は2021年1月20日に法務省Webサイトで合格発表が行われ、受験者3703人に対し、合格者は1450人となっています。

 自身のよい報告ではないものの、それを誠実に伝え、何より先に他の合格者への賛辞を述べる鈴木さんの人間性には、好感を持つ声が多数。努力をねぎらいつつ、「次は合格を掴み取って欲しい」など応援の声が多数寄せられています。

 なお、鈴木さんは2021年3月の大学卒業後は出演していた番組も卒業予定。今回の投稿でも大学卒業後は「メディアに出ることはありません」とあらためて報告しています。

東大王 鈴木光 司法試験
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響