ニュース
» 2021年01月22日 22時20分 公開

ピコ太郎、日立の“PPAP全面禁止”に乗っかって悪ノリ 対抗しての「日立の樹」替え歌がもはやホラー(1/2 ページ)

画にすると結構怖い。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 シンガー・ソングライターのピコ太郎さんが1月21日にTwitterを更新。「PPAP」が全面禁止されるという話題を自身の同名ヒット曲に結びつけ、ニュース元となった日立製作所への悪ノリを始めています。


 事の発端は、日立が2021年度から、暗号化ファイルのメール送信後、パスワードを続けて後送する手法「PPAP」の全面禁止を検討していると報道されたことで、「PPAP全面禁止」というワードがTwitterのトレンドに登場しました。

 2016年にリリースされた楽曲「PPAP」は、間延びした調子の電子音に合わせて、ヒョウ柄の衣装にパンチパーマ姿のピコ太郎さんがリンゴやパイナップルをペンで突き刺すしぐさをみせながら、「pen」「apple」「pineapple」のワードを独特のリズムで繰り返し歌う中毒性の高い1曲。米歌手のジャスティン・ビーバーが気に入って紹介したことから世界的な注目を集め、公式動画だけで1億4000万回以上再生される大ヒットとなっています(2021年1月22日現在)。

ピコ太郎 PPAP 日立製作所 一躍時の人となったピコ太郎(画像はYouTubeから)
PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

 「PPAP全面禁止」のワードがネットを駆け巡ると、多くの人が「僕らは一体何にこれからペンを刺せというのだ」「ピコ太郎の心配したの私だけじゃないらしい」など、PPAPをピコ太郎さんの楽曲だと誤認。所属事務所のエイベックスが「ピコ太郎のPPAPは禁止ではなく、もっと聴いて欲しいです」と、流れに乗っかって宣伝活動に打って出る事態に発展していました。


 ピコ太郎さんも「全面禁止」の話題に反応。とぼけた調子で「面ってどこ?」「禁止って、歌うなってことピコ?」と素朴な疑問点を挙げながら、「困ったなぁ……口パクだとバレるのですピコ」と、降って湧いた“ピンチ”を心配する様子をのぞかせます。気にするのそこなんだ。

 全面禁止を検討しているのが日立だと知ると、自分なりの対抗のつもりなのか「このー木なんの木 リンゴの木」と、かの有名な「日立の樹」の替え歌をスタート。締めとなる「名前も知らない木になるでしょう」の部分を、無理に「生えたら生えたでペンを刺すでしょう♪」と置き換え、元のほのぼのとした雰囲気から一変してどこか不気味で恐ろしげなイメージをただよわせるようになった歌を楽しげに披露していました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む