ニュース
» 2021年01月25日 12時40分 公開

バーチャルバンド「都まんじゅう」メンバー全滅からの“真の主人公”登場で「解決編」へ バッドエンドの歴史を書き換えられるか(1/2 ページ)

謎解きミステリーからSF展開へ!

[ねとらぼ]

 TwitterやYouTubeなどで行われていた、バーチャルバンド「都まんじゅう」を巡るミステリー企画「Project:;COLD」で、1月24日、新たな動画が投稿され、悠木碧さん演じる“真の主人公”がついに姿を現しました。一度はバッドエンドを迎えたかに見えた物語ですが、ここからが本当の「解決編」となるようです。


都まんじゅう 新しくなった「Project:;COLD」公式サイト


 「Project:;COLD」は、2020年11月ごろからTwitter、YouTubeなどで展開されていたSNS連携型ミステリー企画。「死の呪い」にとらわれてしまった6人組のバーチャル女子高生バンド「都まんじゅう」を中心に、彼女たちとネットユーザーが協力しながら呪いを解いていく――というのが大枠のストーリーでしたが、“呪い”の根は深く、一人また一人とメンバーたちは減っていき……去る1月22日、ついに最後の一人“青島玲子”さんがライブ配信中に事故死を遂げ(関連記事)、まさかの“全滅END”を迎えたかと思われていました。

 しかし、青島さんの事故死から2日後の24日、公式YouTubeチャンネルで「彼女たちを助け出す力を貸してほしい」と題した新たな動画が投稿されます。



 動画では、100年後の未来に生きる探偵だと名乗る“イオリ・ハートフィールド”が新たに登場(プレスリリースによれば“真の主人公”とも)。彼女たちが死んでしまった歴史を修正するために、“パストハッキング”と呼ばれる技術で100年前の現在にアクセスしていること、運命の分岐点に「銀の弾丸」を撃ち込むことで彼女たちを救えるかもしれないことなどが説明されました。謎解きミステリーだと思ったらSFだったーーー!

 しかし、「銀の弾丸」が使えるのはたった一度きり。貴重なチャンスを無駄にしないためには、なぜ彼女たちは死ななければならなかったのか、一連の事件の犯人は誰だったのか、そして“運命の分岐点”とはどこなのか――など、全ての謎を解き明かさなければなりません。物語はどうやらここからが「解決編」となるようです。


都まんじゅう “真の主人公”として登場したイオリ・ハートフィールド(「Project:;COLD」公式サイトより)

 新キャラクター“イオリ”のCVは声優の悠木碧さんが担当。これまで公式サイトで「???」となっていた“真の主人公”がこれでようやく姿を表したことになります。

 「Project:;COLD」公式サイトでは、これから参加する人向けのガイドページも公開中。インターネットを使った、リアルタイムで進行する物語がこれからどう動いていくのか……今後の展開に注目が集まります。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響