ニュース
» 2021年04月13日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】スライサーで指先をスパッ → 治るのに1カ月かかったし、指紋がズレたままくっついた(1/2 ページ)

“あるある”だけど気を付けたい。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「スライサーで野菜をスライスしていたら自分の指まで……」というお話。

連載:お料理で事故った話、教えてください

料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

5年以上自炊してきて初めてのケガ



 自炊歴5年以上。先日、初めて料理でケガをしたときのお話です。基本的には包丁を使っているのですが、そのときはお鍋の下ごしらえのために、野菜用のスライサーで大根を切っていました。

 指を切らないように、手元の大根の厚みを確認しながら切っていたつもり……なのですが、親指の先までスパッと。

―― いってしまいましたか。

 あまりにも切れ味がよかったのか、切った瞬間は血が出ず、刃の方にも血が付いていなかったのが印象に残っています。

 ですが、ちょうど土曜日の昼だったため、なかなか病院に行けず自宅待機しているあいだに、けっこう出血してしまって。立ちくらみ、視界が狭くなるといった貧血と思われる症状も現れました。

―― それからどれくらいで治りましたか?

 2週間は触れると痛みがあって、傷が完全にふさがるまでには1カ月ほどかかったと思います。

 病院でばんそうこうをもらったのですが、ケガしたのが親指の先という、いろいろとものに触れてしまう場所だったので、さらに緩衝材として、クイックルワイパーのドライシートを親指全体に巻いていました。

 ちなみに、完全に肉が切れてしまったわけではなく、わずかにつながっていたので、切れた部位でフタをするような形で止血していたのですが、指紋がズレたままくっついてしまいました。爪に近い場所だったためか、Touch ID(iPhoneなどの指紋認証機能)には特に影響が出ていませんが。


ケガをした右手の親指


アップで見ると確かに「指紋がズレているように見えるけど、指紋認証のときギリギリ接触しなさそう」な感じの傷跡が

編集部注:スライサー使用時の注意点

 本企画でスライサーの事例を扱うのは2回目。前回は「玉ねぎをスライスしていたら目がやられてしまって……」という別条件もありましたが、別の野菜でもうっかりするとケガしてしまうもよう。

 さらに自治体などの資料を見ていると「洗っているときに/棚などから取り出すときに、刃に触れてしまって……」という、使用前後の事故事例も散見されます。

 最後に、国民生活センターが2013年に公表した調査資料をもとに「スライサーのケガの特徴と注意すべきポイント」をまとめておきます。

  • スライサーによるケガは包丁によるケガよりも重症化しやすく、治りにくい
  • 事故は年齢を問わず起こる傾向がある(高齢者や子どもに限って起こるものではない)
  • 事故防止策としては安全ホルダーを使うことが考えられるが、万能ではない(安全ホルダーにはさまざまな種類があり、野菜の種類、大きさによって相性がある)
  • プレートのたわみが大きいスライサーは注意したほうがいいかも(「たわみの分だけ野菜が厚くスライスされ、手指が刃に近づきやすくなる」「野菜が刃に大きく食い込んで手元が不安定になる」という理由から、事業者に対し改善要望を出している)

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10