ニュース
» 2021年01月26日 19時00分 公開

工藤静香、手塩にかけたブロッコリーを食べられる被害 そっぽむいてトボける“犯人”にファンもほっこり「許してあげてー」(1/2 ページ)

たまらんな!

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 歌手の工藤静香さんが1月26日、ブロッコリーの葉っぱを何者かに食べられる被害に遭っていたことを報告。調べを進めていくうちに、“意外な犯人”へと突き当たったことを明かしています。

工藤静香 ブロッコリー 愛犬 痛々しい外見になってしまったブロッコリー(画像は工藤静香Instagramから)

 自宅の家庭菜園で、ブーゲンビリアやナスタチウムなどの花や、トマト、ピーマンなどの野菜を育てている工藤さん。食べごろを迎えているはずのブロッコリーがなかなか育たないばかりか、むしろ貧相な外見になってしまったことに首をかしげていました。

 ブロッコリーがダメになってしまう主な原因として、何者かが光合成に必要不可欠な葉を隠れて食べていることに思い至り、注意して見ていた結果、愛犬のエトちゃんを“現行犯”として捕まえたとのこと。工藤さんが問い詰めるような顔で見ると、そっぽを向いて知らんぷりしたそうです。やりとりかわいい!

工藤静香 ブロッコリー 愛犬 ほとんど自白したようなもの(画像は工藤静香Instagramから)

 かわいがっていたアムちゃんも犯行現場こそ押さえられなかったものの、ブロッコリーの葉っぱが口元に残ったままだったという致命的な“状況証拠”が存在しており、容疑はほぼ固まっているもようです。犯人は身近に存在していた……。

工藤静香 ブロッコリー 愛犬 証拠隠滅の甘さから発覚(画像は工藤静香Instagramから)

 愛らしい“犯人”ならぬ“犯犬”たちの正体を知り、見た人たちからは「なんて可愛いワンコちゃん達。怒るに怒れませんね」「可愛いイタズラ 許してあげてーーーーー」と事件の一部始終に心和んでしまう声が上がった他、「エトくんの知らんフリがジワジワきちゃいました」「とぼけたところがまた可愛い」と、人間さながらにしらばっくれてみせるエトちゃんに思わずツボる人も見られました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響