ニュース
» 2021年01月28日 18時30分 公開

IT展示会の“テレワークで怠ける社員の展示”人気に コロナで接客見合わせ+参加キャンセル不可から生まれたアイデア

「ざんねんな在宅勤務ずかん」を展示しているサイボウズに取材しました。

[だいごろう,ねとらぼ]

 ビジネスの拡大や商談を目的とした展示会で、お客さんに話しかけないどころか、「コタツで漫画を読み全力で怠ける社員」を展示しているブースが斬新すぎると話題です。


ざんねんな在宅勤務ずかん

 まるで家にいるかのようにくつろぐ社員が見られるブースは、サイボウズの「ざんねんな在宅勤務ずかん」。インテックス大阪で開催中の展示会「IT Week関西」に参加している同社でしたが、大阪府の緊急事態宣言発令に伴い、ブースでの接客を見送ったとのこと。しかし、すでにキャンセルができないなど、展示の規約があるため「ざんねんな在宅勤務ずかん」として、怠ける社員を展示するに至ったそうです。


ざんねんな在宅勤務ずかん

ざんねんな在宅勤務ずかん

 コタツでぬくぬくしているサイボウズ社員の“展示”には、「謎の進捗報告 Web会議中」の立て札が。会議中なのでコタツの上に一応ノートPCがあるものの、手前には漫画が山のように積まれています。さらに、お客さんがブースに来ても、展示中の人はコタツに入ったまま黙々と漫画を読んでいる様子。後ろの壁に書かれた「テレワーク 頭隠さず 尻隠す」の格言そのものです。


ざんねんな在宅勤務ずかん

ざんねんな在宅勤務ずかん

 また、「神対応ならぬ紙対応」と書かれた立て札の元には、持ち帰り用の紙資料が積み上げられており、お客さんが自分で資料を選んで持ち帰られるようになっていました。もちろん、お客さんもブースに置いてある「人をダメにするクッション」などでのんびりするのも可能です。

 コロナ禍の逆境を逆手に取った柔軟な発想が注目を浴び、「行ってみたい」「最高」といったリプライも寄せられている今回の展示。反響を受け、サイボウズに展示に関するお話を伺いました。

── Twitterで話題になっていますが、展示の反響はどうでしたか。

サイボウズ本当に接客していないのでコタツから見ている限りの様子ですと、最初は遠巻きに見られる方も多いですが、結構ご自身でカタログをお持ち帰りいただいてます。今はカタログが足りなくなって追加で手配したところです。たまに、自発的に怠けていただいている一般のお客さまもいらっしゃいますね。


ざんねんな在宅勤務ずかん

── 展示の企画について社内からどんな反応がありましたか。

サイボウズ「コタツで漫画読んでくる」と社内でいったときは、理解不能と言われましたが、写真を見せたら理解してもらえました。

── コタツの上に乗っている漫画はどんな作品がありますか。

サイボウズ『呪術廻戦』と『スラムダンク』です。当初は『キングダム』を購入申請しようと思ったのですが、60巻まであるせいか、やや上司の反応が鈍かったので、短めの漫画にしました!


ざんねんな在宅勤務ずかん

── 人に見られながらくつろぐのはどんな気分なのでしょうか。

サイボウズはじめは興味持っていただいているお客さまがいても、話しかけないことにソワソワしてましたが、強い心を持って半日コタツに座っていたら慣れました。


 対面で人と話すのが難しく異例の対応に追われる情勢ですが、1日でも早くいつもの日常に戻ってきてほしいですね。

※画像提供:akikos@cybozudaysさん(@akiko55915)・サイボウズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響