ニュース
» 2021年01月29日 18時30分 公開

もはや解読できねえ! 益若つばさ、“ギャル文字”で小麦肌の時代を回想 「前略プロフでの自己紹介」に沸き立つファンも(1/2 ページ)

時間が戻ったかと。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 モデルの益若つばささんが1月29日にInstagramを更新。肌を黒に焼いていた時代の写真を公開するとともに、2000年代にはやった“ギャル文字”で当時を振り返っています。……つーちゃん、懐かしすぎるよ。

益若つばさ ギャル文字 黒ギャル 前略プロフィール 黒ギャル時代のショット(画像は益若つばさInstagramから)

 ギャル文字は、スマートフォン以前に折りたたみ式やスライド式の“ガラケー”が普及していたころ、10代女性を中心に人気を博していたもの。平仮名、カタカナ、漢字を細かく分解し、新たに組み直して1文字としたり、文字の形から別の語句に置き換えたり(例:白い四角の「□」はカタカナの「ロ」と、「ナょ」は「な」と読む)するなど、一見独特な文の連なりと読み方が特徴となっていました。

 ギャル文字とともに当時流行した交流サイト「前略プロフィール」(略称:前略プロフ)のデザインを借り、10年以上前の自分へなりきる企画に挑戦したという益若さん。こんがりと日焼けした小麦肌、派手にウエーブがかった茶のロングヘアという、ギャルそのものの過去ショットを使用し、プロフ部分ではギャル文字を駆使。好きな男性のタイプに「面白い人」「ちょっと変な人」、好きな芸能人に“あゆ”こと歌手の浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんを挙げています。当時のプロフとしては完璧。

益若つばさ ギャル文字 黒ギャル 前略プロフィール 「前略プロフ」仕様での自己紹介(画像は益若つばさInstagramから)

 益若さんは「こんな風にガラケーで文字を打ってた自分が可愛くもあり怖いです。笑」「一つ言えるのは眉毛の上がりっぷりが異常」と、遠い昔の自分にツッコミ。たった20年ほどの間に、「前略プロフ」からブログに移り、TwitterやInstagramを経て、今ではYouTubeチャンネルで動画を配信するようになったことに「進化がすごい!」と驚きをあらわにしています。

 コメント欄では、「余裕でスラスラ読めるw 世代がバレちゃう」「懸命に使ってた 普通に打った方が早いのに打ってたやつ」と、ギャル文字全盛時代の思い出がよみがえってしまう人や、「文字化けかと思った 私のiPhone壊れたのかと」「2005生まれの私には読めない、初めて見ました」と、文字の奇妙な乱舞にうろたえる若い世代の人たちも見られました。

益若つばさ ギャル文字 黒ギャル 前略プロフィール 美白に気を付けているという現在の益若さん(画像は益若つばさInstagramから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む