ニュース
» 2021年02月04日 20時32分 公開

注目の映画「花束みたいな恋をした」、インスパイアソング「勿忘」も話題に 「FIRST TAKEに出たら一気にファン増える」

予告の時点で優勝だった。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 俳優の菅田将暉さんと有村架純さん主演の映画「花束みたいな恋をした」が1月30日〜31日の全国映画動員ランキングに初登場で首位を獲得。映画が話題となる中、同作のインスパイアソングである「勿忘」にも注目が集まっています。

Awesome City Club / 勿忘 (MUSIC VIDEO)

花束みたいな恋をした Awesome City Club 勿忘 菅田将暉 有村架純 「花束みたいな恋をした」は菅田さんと有村さんのダブル主演 (C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会 

 「花束みたいな恋をした」は、終電を逃したことがきっかけで出会った男女の5年間にわたる恋の行方を描いた作品。1月29日から全国350館で公開されている同作は、土日2日間で13万3000人を動員し、興行収入は1億9100万円を記録。劇場版「鬼滅の刃」無限列車編をおさえ、1位に輝きました。また、公開初日から3日間の累計は観客動員数が18万4000人、興行収入が2億6000万円となっています。

映画「花束みたいな恋をした」140秒予告

 併せて注目されているのが、アーティストグループ「Awesome City Club」(オーサムシティクラブ)の楽曲「勿忘」。メンバーが同作を鑑賞したときの感情をそのまま書き下ろしたインスパイアソングであり、YouTubeで公開されているMVは70万回再生を超え(記事執筆時点)、音楽配信サービス「Spotify」の日本急上昇チャートでは1位にランクインしています。

 ネットでは、「勿忘が良すぎるよ、、」「予告観ただけで切なくて苦しくて涙出てきた」「予告に使われてる音楽が好きすぎて、ずっと予告見てる」「THE FIRST TAKEに出たら一気にファン増える」と予告の時点で心をつかまれた人も多い様子。一部では、読み方が分からないといった声もありますが、勿忘の読み方は「ものわすれ」でも「ぶつぼう」でもなく、「わすれな」。勿忘草(ワスレナグサ)もこの漢字が使われています。

花束みたいな恋をした Awesome City Club 勿忘 菅田将暉 有村架純 「勿忘」を手掛けたAwesome City Club

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む