ニュース
» 2021年02月04日 21時15分 公開

ハロプロ末っ子「BEYOOOOONDS」新曲に、ももクロや坂道が登場 禁じ手使った自虐ソングに「ハローを超越してる!?」(1/2 ページ)

自分でいっちゃった。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 ハロー!プロジェクトの末っ子ユニット「BEYOOOOONDS」が2月3日、セカンドシングル「激辛LOVE/Now Now Ningen/こんなハズジャナカッター!」全3曲のミュージックビデオを同時に公開。他の事務所のアイドルを巻き込んで、デビューからの独自路線を自虐する内容が「自分たちで歌うと思わなかった‪」と話題になっています。

BEYOOOOONDS「こんなハズジャナカッター!」

 BEYOOOOONDSは2018年に結成されたハロプロの末っ子グループ。ハロプロ研修生から選抜された精鋭メンバー9人に、オーディションで選ばれた3人のフレッシュな戦力を加えた実力派ですが、デビュー以来一貫して王道ではなく我が道をまっしぐらに突き進んでいます。

 メジャーデビューシングル「眼鏡の男の子」は、男装させた長身のメンバーを、恋する乙女に扮(ふん)した残りのメンバーが必死に取り合う少女漫画仕立て。他にもダンスというよりエクササイズに励みながら、引き締まったウエストを手に入れたいと全身で訴えかける「Go Waist」や、ビタミンの豆知識を5分に詰め込んだ「ビタミンME」などクセが強すぎる楽曲ぞろい。MVでは全員参加の寸劇がお決まりで、ハロプロが放つ隠し球として人気を博してきました。

第61回「輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を獲得した「眼鏡の男の子」

 新曲「こんなハズジャナカッター!」は、まさに「こんなハズジャナカッター!」とこれまでのぶっ飛んだ楽曲を自虐しまくる内容。モーニング娘。や、Berryz工房、℃-uteなどハロプロの歴史を彩る諸先輩の名前を列挙し、振り付けを再現しながら「カワイイねっていうか面白い」「リハーサルっていうかネタ合わせ」「この目を疑うヘンな歌詞」と自分たちの置かれた状況へ疑問を投げかけ「どこへ向かっているの?」と問いかけています。

ハロプロ ハロー!プロジェクト BEYOOOOONDS セカンド 激辛LOVE Now Now Ningen こんなハズジャナカッター! ネタ 「こんなハズジャナカッター!」(画像はYouTubeから)
ハロプロ ハロー!プロジェクト BEYOOOOONDS セカンド 激辛LOVE Now Now Ningen こんなハズジャナカッター! ネタ この歌詞は……!(画像はYouTubeから)

 さらに2番の歌詞にはハロプロだけではなく、AKB48を筆頭とした48グループや、乃木坂46ら坂道系、ももいろクローバーZ、でんぱ組.incら他の事務所に所属するアイドルを思わす歌詞も登場。ライバルともいえる存在に言及する歌詞は珍しい手法だけに、アイドルらしく「普通の曲歌わせてください!」というBEYOOOOONDSの切実な願いがより伝わってくるようです。

 「Berryz工房」のメンバー、須藤茉麻さんは同曲について「各グループの名前が入ってたり、ハロプロ以外のアイドルさんの名前も入ってたりと、歌詞もぶっ飛んでて面白い」とTwitterでコメント。でんぱ組.incの古川未鈴さんも「でんぱ組の事が触れられている気がする」と喜び「ハロがこっちの方向で本気を出してきた、、! 最高!」とBEYOOOOONDSへエールを送っています。


 結局は「普通の曲じゃ満足できない」「誰も見たことがない唯一無二の存在」と我が道を突き進む自らを肯定し「逆にこれでヨカッター!」と開き直ったBEYOOOOONDS。これまでとも一味違うなかなかない試みで「ハローを超越してる!?」「まさかハロプロ以外も入ってるとは」とファンを驚かせることに成功。「ハロプロでこのメタ感、王道ではない感じがやれるのって美味しすぎる」「こんなハズじゃなかったかもしれないけど、こんな感じだったから自分はハマった」とガッチリハートをつかんで離さないようです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」