ニュース
» 2021年02月05日 18時23分 公開

北陽・虻川美穂子、6年前の帝王切開で思わぬ受難 痛み止めが持病で使えず術後に絶叫(1/2 ページ)

想像するだけで恐ろしい……。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「北陽」の虻川美穂子さんが2月4日にブログを更新。6年前に帝王切開を経験した後、喘息を患っていたために痛み止めを使えず、大変な思いをしたと明かしています。

北陽 虻川美穂子 ぜんそく 帝王切開 最近の母子ショット(画像は虻川美穂子Instagramから)

 長男が3日に6歳の誕生日を迎え、ファンから「おめでとう、うちも同じ誕生日!」「子育て頑張って!」と祝福コメントが寄せられた虻川さん。ずっと支えてくれている夫はじめ周囲の助けに感謝しつつ、6年前の思い出を振り返りました。

北陽 虻川美穂子 ぜんそく 帝王切開 当日用意された豪華なケーキ(画像は虻川美穂子オフィシャルブログから)

 長男誕生にあたって帝王切開を経験した虻川さんですが、2歳の時から患っているぜんそくの影響から、強い痛み止めを使用できなかったとのこと。術後は「イタイー!!」と悲鳴を上げ、“てんやわんや”の状態に陥りつつ、生まれたばかりの息子の面倒を見ていたといいます。

北陽 虻川美穂子 ぜんそく 帝王切開 数年前から本腰入れて治療に(画像は虻川美穂子オフィシャルブログから)

 虻川さんは、おなかを痛めた息子の成長に目を見張るとともに、「広い視野を持って、例えくじけても、しなやかにはいあがって、健康に育って欲しい」と祈願。「私も母6年目、おめでとう」と、わが子と同じ時間を過ごしてきた自分にもお祝いの言葉をかけています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響