ニュース
» 2021年02月14日 13時28分 公開

尾崎亜衣、子宮頸がん手術が原因の腸閉塞で入院 「昨日の地震は鼻チューブと点滴持ったまま逃げるのかとオロオロ」(1/2 ページ)

現在の状況を伝えています。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 劇作家の小橋川亜希さん(女優の尾崎亜衣としては活動休止中)が2月14日にInstagramを更新。小腸が詰まったことによる腸閉塞(へいそく)のため、入院中であることを報告しました。

尾崎亜衣 子宮頸がん 腸閉塞 入院 小橋川亜希 入院中の小橋川さん(画像は小橋川亜希Instagramから)

 2017年から体調不良が続き、2018年3月には子宮頸がんを告知され、4月に子宮の全摘手術を受けていた小橋川さん。現在は経過観察中で、2020年9月には劇作家として活動中であることも明かしていました。

尾崎亜衣 子宮頸がん 腸閉塞 入院 小橋川亜希 2018年、入院直後の小橋川さん(画像は小橋川亜希Instagramから)

 Instagramでは日々元気な姿を公開していたものの、2020年の大みそかに腸閉塞のような症状があり、慌てて処方されていた漢方薬を飲んで2日ほど絶食していたことを年明けに報告。軽快したため、結局病院には行かずに済んだと明かしていました。

尾崎亜衣 子宮頸がん 腸閉塞 入院 小橋川亜希 大みそかの不調の様子を伝えた際の小橋川さん(画像は小橋川亜希Instagramから)

 しかし2月12日に強い腹痛と嘔吐(おうと)が続き、「地獄みたいに痛い!」という状態に。明け方には限界を迎え夫に救急受け入れ先を探してもらったものの、コロナ禍であるためにほとんどの内科が受け入れをストップしており救急車を呼ぶことに。救急車に乗ってからも病院を探すのに時間がかかったそうで、医療現場の逼迫(ひっぱく)した状況を明かしていました。

 病院で検査した結果、子宮頸がんの開腹手術が原因の癒着で小腸が詰まり「詰まった手前の部分がぱんぱんになっている」と診断されたとのこと。幸い手術は免れ、現在は鼻からチューブを入れて絶飲食による治療を受けているそうです。小橋川さんは「医療現場がいっぱいいっぱいだというニュースはよく見ますが 自分がこういう状況になり本当に感じました」と、現場の余裕がない状況をしみじみ感じたようでした。

 なお、13日に発生した地震の際には「鼻チューブと点滴持ったまま逃げるのかとオロオロしました」と不安な心境をつづっており、就寝持には病室のドアは締めないことや非常用持ち出し袋を寝室に置くなど、万が一に備えていることも明かしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む