ニュース
» 2021年02月18日 10時55分 公開

細田守監督「竜とそばかすの姫」ビジュアル&特報解禁 「神作の予感」「特報のワクワクゾクゾク感…!」

17歳の女子高生が主人公です。

[のとほのか,ねとらぼ]

 細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」(2021年夏公開)のティーザービジュアルと特報が公開。17歳の女子高生を主人公にしたストーリーが描かれます。

細田守 竜とそばかすの姫 (C)2021 スタジオ地図

 同作の主人公は、幼いころに母を亡くし、心に大きな傷を抱える17歳女子高生のすず。過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らしていますが、ある日“もうひとつの現実”と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界<U>と出会い、「ベル」というアバターとして注目を集めていきます。そんなベル(すず)の前に<U>の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れるというストーリーになっています。

「竜とそばかすの姫」特報【2021年 夏公開】
細田守 竜とそばかすの姫 (画像はYouTubeから)
細田守 竜とそばかすの姫 (画像はYouTubeから)
細田守 竜とそばかすの姫 (画像はYouTubeから)

 10代の女子高生を主人公に迎えるのは、「時をかける少女」(2006年)以来15年ぶり。細田監督は「竜とそばかすの姫」について、“ずっと創りたいと思っていた映画”とコメントしており、「今まで様々な作品を創ってきたからこそ、やっと今回実現できるようになりました」と自身の“集大成”となった作品であることを明かしています。

 また、「サスペンスの要素もありつつ、一方で、生と死という本質的な大きなテーマもありエンタメ要素の高い映画になっていると思います」と見どころについて言及。「圧倒的な速度で変わっていく世界と、自分たちにとって本当に大切な変わらないもの、それを今作で楽しんでいただければと思います」と呼びかけています。

 ネットでは「予告見た感じ 神作の予感しかしない」「田監督の描く電脳世界はワクワクする」「特報のワクワクゾクゾク感…!」「溢れ出るサマーウォーズ感好き!」など特報映像に期待を高める声が寄せられています。

細田守監督コメント全文

 この『竜とそばかすの姫』は、“ずっと創りたいと思っていた映画”です。

 アニメーション映画監督になる前から、自分もいつかこういう映画が作れたらいいなと思っていたものであり、今まで様々な作品を創ってきたからこそ、やっと今回実現できるようになりました。恋愛やアクション、サスペンスの要素もありつつ、一方で、生と死という本質的な大きなテーマもありエンタメ要素の高い映画になっていると思います。

 僕は、若い人が面白く楽しく世界を変革していくのではないかと、インターネット世界を題材にした映画を今までにも創ってきました。インターネットは、誹謗中傷やフェイクニュースなどネガティブな側面も多いですが、人間の可能性を広げるとても良い道具だと思っています。インターネットそのものが変わってきている今、肯定的な未来に通じるような映画ができないかと考えていました。

 去年来、普及するのにまだまだ時間がかかると思っていたインターネットを通じた仕事や生活が、常識と共に大きく変化し、未来に10年くらいぐっと近づいた気がしています。今までの常識に捕らわれずどんどん変化している時代の中で、変化していく世界についての映画を創るということに、どこか必然性を感じています。

 その一方で、最終的に大事にしないといけないものは変わらないのではないかとも思っています。

 私たちが代々受け継いできたものは、世の中が変化し、ツールや常識が変化しても受け継がれていくもの。

 それがよりはっきり見えてきているのが今の時代なのかなとも思っています。

 圧倒的な速度で変わっていく世界と、自分たちにとって本当に大切な変わらないもの、それを今作で楽しんでいただければと思います。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む