コラム
» 2021年03月11日 08時00分 公開

ジッパーを閉める音で体が固まる 東日本大震災被災者に聞く“10年たった今なお続くトラウマ”(1/2 ページ)

緊急地震速報に似た音を聞くと、今でも体が固まってしまうとのこと。

[ねとらぼ]

 今からちょうど10年前、2021年3月11日14時46分に三陸沖で発生した東日本大震災。東北、関東地方の4県で震度6強の揺れが観測されたほか、津波、原発事故などの被害もあり、今でも記憶に焼きついている方は多いことでしょう。

 ねとらぼ編集部では、特に大きな被害があった地域の1つとされる宮城県(自宅は仙台市中心部)で被災したという方の体験談を伺いました。なるべくそのまま全文掲載します。

※修正は見出しの挿入、誤字訂正など軽微なものに留めました。編集部による補足情報は、このように注釈の形で追記しています

地震発生時の状況

 父は岩沼(津波が襲った地域です)、兄は栗原(揺れがとても強かった地域です)に仕事に行っており(※1)、自宅は私と姉と障がいのある母、それと猫1匹でした。

 当時私は2Fの自室で昼寝をしており、姉と母と猫は1F居間にいました。

 地震発生の前日か前々日に緊急地震速報を伴う震度5程度の揺れ(※2)があり、完全に油断していたと思います。ただ、「大きな地震があった後は靴下を履いて眠れ」(※3)と家族内で言い合っていたので、しっかり靴下を履いていたのを覚えています。

※1:岩沼市は海沿いに位置し、津波被害が発生。栗原市は最大震度である震度7を記録した地域。詳細は宮城県Webサイト「東日本大震災 宮城の記録」などからご確認できる

※2:総務省消防庁「東日本大震災記録集」によると、本震の前々日(3月9日)に宮城県で最大震度5弱の地震が観測。投稿者は「前日か前々日」としているが、これは3月10日にも前震が発生しているためかもしれない(つまり、地震自体は前日も前々日も起こっている)

※3:投稿者いわく「地震の後靴下を履いて眠れというのは、割れたガラスや食器を踏んで足をケガしないためです。それでも被災時は足裏を大きく切ってしまいました。あわただしくて、気付いたのは避難所に着いたときでしたが……」

本震発生

 地震直後、私は揺れる中2Fから駆け下りましたが、1F居間に行くことはできませんでした。1Fの戸が外れ、居間まで続く廊下も棚やら物やらすべてが吹き飛んでいきました。家の倒壊も覚悟しながら、出口の確保だけはと思い、玄関を開け放して道路に飛び出したのを覚えています。

 階段では左右の壁に殴られるように揺さぶられ、道路に飛び出しても地面に張り付いていることしかできない揺れでした。揺れる中、姉と母の名前を泣き叫んでいました。

 その後一度揺れが収まり、姉と母がところどころケガをしつつも家から這い出てきました。猫は驚きのあまり障子に挟まっており、引っ張り出すと一目散に逃げていってしまいました(その後無事帰宅しています)。

本震直後の避難

 母の障がいは脳出血による後天性のものです。常に飲まなくてはならない薬が多く、歩くのも1人ではままならない状態でした。たまたま姉の知り合いが車で駆け付けてくれ、家から徒歩30分の避難指定の小学校にいくことができました。

 私は移動手段の確保のため、原付で避難所に行くことにしました。途中、高台で街を見渡すと、ところどころ煙が上っていたり、ケガをした人が避難所へ向かって歩いていたり、電柱が倒れていたり、何を見たかも思い出せない光景でした。

 母、姉と合流し、私の原付で姉が母の持病の薬を家から持ってきました。薬にも限りがあるので不安でたまりませんでした。

 その後、強い余震に耐えながら携帯のワンセグで各地の情報を集めていました。父の職場に行くための大きな道路が津波に襲われているさまを映像で見て、姉と私で泣きながら震えました。

 兄もどこにいるか分からず、父も無事なのか分からず、ただ女3人固まっておびえるばかりでした。ふと外を見ると3月なのに吹雪はじめ(※4)、本当に恐ろしいことが起こったのだと理解し始めました。

※4:当時の気象状況については「東日本大震災 特設サイト」(ウェザーニューズ)などに掲載されている。同Webサイトによると、3月11日は「深夜12時頃まで宮城県や福島県、山形県では強い雪が降り、内陸で3〜5センチほど、海の近くでもうっすらと積雪します。寒さも厳しくなるため、避難の際は、厚手の靴下など防寒対策もしてください」。また、その後も毎日のように防寒対策の必要性を呼び掛け続けていた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」