ニュース
» 2021年02月22日 19時00分 公開

「お酒飲んだら死ぬよ」 健康診断で肝臓の数値が“どエライ事”に 太り気味の人は要注意な「脂肪肝」との戦いを描いた漫画に反響(1/2 ページ)

好きなものを食べられなくなってからでは遅い。

[ねとらぼ]

 中性脂肪が肝臓に蓄積する「脂肪肝」。肝臓の動きが悪くなるだけでなく、命にかかわる生活習慣病へと発展するリスクも抱えています。

 そんな病気と診断された「すな(@sunamangakaku)」さんは、妻に支えられながらの節制生活を漫画に描いています。脂肪肝を甘く見てはいけないッ!



 健康診断の結果について「肝機能の数値がどエライ事になっている」と電話で告げられたすなさん。物々しい表現に月までブッ飛びそうな衝撃を受けつつも、まずは落ち着いて家族に報告。心配する妻に見送られ、再検査へと向かいます。




 医師の第一声は「このままだと肝硬変です」。それどころか「数値的にはもう…」と意味深に目をそらされ、すなさんの不安は最高潮に……。肝硬変とは炎症が原因で肝臓が硬化し、機能不全に陥ったり、がんのリスクが高まったりと、死に至る可能性もある病気です。

 エコー検査の結果、ひとまず命にかかわる状態ではなかったものの、「お酒を飲んだら死ぬよ」と衝撃の一言が告げられます。好物の“揚げ物”や“甘い物”も極力NG。こうして2週間後の再々検査に向けた節制生活が始まったのです。




 「今日から私に肝臓を捧げよ!」――どこかで見たような敬礼と共に妻も参戦し、二人三脚で取り組んだ“VS脂肪肝”の結末は……? ぜひ漫画でお確かめください。

 大好物を我慢しなければならない節制生活は想像以上にツラいものです。すなさんは誘惑に負けないために、スマホで病気の恐ろしさを調べることでどうにか食欲を我慢していたといいます。加えて「大丈夫 きっとうまくいく」という妻の言葉にも救われたとも。

 肝臓は悪化しても自覚症状が出ない“沈黙の臓器”。一秒でも長く人生を楽しむためにも、自己管理して守っていかねばならないと、パロディ盛り盛りのカオスな最終ページにて結んでいます。


挑戦は成功したのか……? 結末は本編で

 作者のすなさんは、夫婦2人暮らしの日常を漫画に描き、Twitternoteに投稿しています。

作品提供:すな(@sunamangakaku)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する