ニュース
» 2021年02月23日 18時30分 公開

Daft Punk解散にファレル、ゼッドらがコメント 「永遠の伝説」「彼らなしで今の自分はなかった」(1/2 ページ)

ありがとうDaft Punk。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 仏発のエレクトロポップデュオ「Daft Punk」が2月22日、YouTubeに公開した動画で解散を発表。28年にわたってダンスミュージックシーンをけん引してきた存在の幕引きに、ファレル・ウィリアムズ、ゼッドら関わりの深いミュージシャンがコメントを発表しています。

Daft Punk - Epilogue

 Daft Punkが公開した動画「Epilogue(エピローグ)」は、並んで歩いていたはずの2人の歩調がずれ、だんだんと離れていく象徴的なシーンから始まります。やがて銀のヘルメットがトレードマークのトーマ・バンガルテルが、自らの意思で相棒ギ=マニュエル・ド・オメン=クリストの手によって爆発四散。画面には「1993-2021」とDaft Punkとしての活動が2021年限りであることが示され、「Touch」をBGMに1人で荒野を歩み続けるギ=マニュエルの映像は幕を閉じます。

ダフトパンク Daft Punk 解散 EDM エピローグ 動画 Epilogue さよならDaft Punk(画像はYouTubeから)
ダフトパンク Daft Punk 解散 EDM エピローグ 動画 Epilogue 爆発四散するトーマ(画像はYouTubeから)
ダフトパンク Daft Punk 解散 EDM エピローグ 動画 Epilogue 1人歩みを進めるギ=マニュエル(画像はYouTubeから)

 ボーカルとして、Daft Punkの大ヒットシングル「Get Lucky」にフィーチャーされたファレル・ウィリアムスは、感謝を表す両手を合わせた絵文字と一緒に「永遠の伝説」とTwitterへ投稿。この楽曲は全米チャートNo.1を記録し、第56回グラミー賞で「年間最優秀レコード」「ベスト・ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」を受賞するなど、両者のキャリアを代表する1曲となりました。

「Get Lucky」

 同じヨーロッパのダンスミュージックシーンから名を成したDJのゼッドは、「Discovery」が初めて買ったアルバムであり「One More Time」が好きになった最初のエレクトロソングだったと明かし、ターニングポイントにはいつもDaft Punkの音楽があったとツイート。「Daft Punkなしでは今の自分はなかった」と明言し、「EDMの道を切り開いた王たちへ長寿を」と偉大な先人をたたえました。

 Daft Punkは28年のキャリアで、2003年には漫画家・松本零士さんとコラボしたSF映像作品「インターステラ5555」をリリース。親日家・アニメ好きとして知られる米DJポーター・ロビンソンは「これが初めてのエレクトロミュージックとアニメのフュージョン体験だった」と自身の方向性を決定づけたともいえる体験を回想。言葉にならない思いをランダムなアルファベットでつづり「泣いている」と同作のビジュアルをツイートしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響