連載
» 2021年02月25日 18時00分 公開

「女の子は何でも許してくれる女神ではない」 「ヒーリングっどプリキュア」は子どもたちに何を伝えたかったのかサラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

女の子は何でも許してくれる女神じゃない

 香村氏は、さらに続けます。

近年の「プリキュア」では、敵と和解して彼らを救済する結末が続いてきていたと思うんです。それは本当にいいことだと思っています。
ただ、時にそれが、今の世にはびこる女の子への社会的圧力や扱い等と合体すると、それは女の子たちを追い詰めてしまうことはあるかもしれない、と。
無意識に「女の子だから優しくしなきゃいけない」という強要にすり替わって、悪いヤツにつけ込まれて酷い目にあったりしないかしらと。
もちろん和解や救済はすばらしいことだと思うんです。でもそれにこだわるあまり、自分の心が死んでしまっては元も子もないのでは……。
(徳間書店『Animage(アニメージュ)』2021年03月号 P70から ※強調表現は記事作成者による)


 「プリキュアは優しい」といった表現が、いつの間にか「プリキュアだから優しくないといけない」にすり代わり、さらに「女の子だから優しくないといけない」という抑圧へと遷移し、悪い存在に利用されることを危惧していたようです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 「女の子だから優しくしないといけない」ということはない

 そして香村氏は「女の子は何でも受け止めて何でも許してくれる女神ではない」と答えます。

香村 そうですね。女の子は何でも受け止めて何でも許してくれる女神ではありません。観てくれている小さな女の子たちにも、今まさにダルイゼンみたいな存在がいないとも限りません。
日常の中で、女の子だからとつけ込まれてしまったり……。そんな時に、「自分を一番大事に思っていいんだよ!それで何か責められたとしても、プリキュアはあなたの味方だよ!」ってそういう事を伝えたくて。
「とにかく、あなたにすこやかに生きていてほしい」という願いを込めて、一年間やってきたんです。
(徳間書店『Animage(アニメージュ)』2021年03月号 P70から ※強調表現は記事作成者による)


 自分の心を殺してまで、他人を救う必要はなく、まずは自分を一番大事に思い、助けられる範囲で周囲を助ける生き方もあることを子どもたちに示したのです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ プリキュアたちはどこにでもいる、普通の女の子

負けないために戦う

 終盤、花寺のどかは「勝つためではなく、負けないために戦う」とネオキングビョーゲンに啖呵(たんか)を切ります。

 「負けないために戦う」とは、すなわち「わざわざ敵を見いだし攻撃することはしないけど、自分の尊厳を脅かす存在が攻撃してくるようであれば、断固として戦います」という姿勢です。

 「ヒーリングっどプリキュア」で描かれたのは「生存競争」としての勝ち負けではなく、「私たちは、ただ受け入れ許すだけの都合の良い存在にはならない」というメッセージだと思うのです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 「負けないために戦う」

 花寺のどかは優しい娘です。しかし、その優しさが自己犠牲のような「一方通行の誰かが与えるだけの優しさ」では世界は広がらないのです。

 その優しさを自分にも向けて、みんなで優しさを持ち寄って手をつなげば、きっと「すこやかな世界」になる、そのために戦う、ということを「ヒーリングっどプリキュア」は描いたのです。


最終回で描かれた「人間だってビョーゲンズと同じ」

 そして最終回では、これまで「ヒーリングっどプリキュア」がおそらく意図的に避けてきた「人間だって自然を破壊し動物の命を奪っている。ビョーゲンズと同じだ」といったテーゼも提示されました。

 ヒーリングガーデンの女王テアティーヌは、人間が過度に地球環境を破壊するようであれば、「人間をも浄化する可能性」を示唆します。人間だって道を間違えば、ヒーリングアニマルに浄化される対象になりうる、というややビターな展開となりました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ヒーリングガーデンの女王、テアティーヌ(左)とネオキングビョーゲン(右)

 プリキュアたちは「最悪な結果にならないように、何ができるのかみんなで考えていく」とし、未来に希望を持ち続けます。「生きることは戦うこと」はビョーゲンズとの戦いだけではなく、この先の人生でも続くのです。「すこやかに生きる」ために、彼女たちはそれぞれできることで戦い続ける、そんな最終回となりました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ヒーリングガーデンで風鈴アスミと再会する3人

「プリキュアは、自分を大事にするあなたの味方だよ」

 「シリーズで1番優しいプリキュアにしたい」として始まった「ヒーリングっどプリキュア」は「優しくあるために、戦い続ける」という地点に達しました。

 最後に「自分ができることは何だろう?」「まずは知ることが大事」を子どもたちに問いかけ、幕を閉じました。

 そしてずっと貫かれてた「プリキュアは、自分を大事にするあなたの味方だよ」というメッセージ。

 その思いが、1年間プリキュアを応援してくれた子どもたちの「未来の勇気」になるのであれば一人の娘を持つ親としても、とてもうれしい。

 いつだってプリキュアは子どもたちの味方なのだから。


「ヒーリングっど プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション


関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」