ニュース
» 2021年03月04日 16時22分 公開

てんちむ、バストアップブラ返金問題でトラブル メーカーが反論「事実に反した内容が見受けられます」(1/2 ページ)

高額な返金対応に追われているてんちむさん。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントのてんちむさんが3月2日にYouTubeチャンネル「てんちむCH/tenchim」を更新。返金対応中であるバストアップブラ販売メーカーへの支払いや、購入者への返金対応に関して疑問に思う点があるとし、弁護士立会いのもと現在の状況を伝えました。


 てんちむさんは2018年から、自身が全面的にプロデュースしたバストアップブラ「モテフィット」を販売。ブラの効果や努力でバストアップしたという触れ込みのもと販売して大きな売り上げをあげていたてんちむさんでしたが、豊胸手術をしていたことが明らかとなり、2020年9月にYouTubeで謝罪動画を公開。希望者には返品対応に応じると明言し、10月31日の返金受け付け終了までに約4万件の問い合わせがあったことを明かしていました。

 返金に向け、銀座のクラブや六本木のショーレストランで勤務するなどして完済に向けて動いていたてんちむさんでしたが、2021年3月2日に投稿された「返金について」と題された動画では、神妙な顔つきで「弁護士さん立ち会いのもと、こちらの動画を撮らせていただいております」とコメント。てんちむさんによると、メーカーから提示された返金金額である約2億8000万円のうち、2億2000万円は支払い済み(振り込み済み)であり、未支払い金である6000万円も支払いのめどがたっているものの、それ以外に追加で手数料の約8000万円や損害賠償金の約5000万円など合計で約1億3000万円をメーカーに支払わなければならないとのことです。

「返金について」

 しかし、てんちむさんによるとメーカー側からは、これまでに返金対応が終了しているはずの1万3000件分、金額にして約1億7000万円分の振り込み履歴などエビデンス(証拠)になるものを全て渡してもらっていない状況とのこと。手数料などについても、メーカーが支払った請求書のコピーには黒塗りの部分が多く、「何にいくら支払ったのかが分からない状態で、この点についても弁護士さんに精査をお願いしています」と伝えています。

てんちむ モテフィット トラブル 弁護士 損害賠償 メーカーから提示された黒塗り部分の多い請求書(画像はYouTubeから)

 これに対し、メーカーは公式サイトを通して「モテフィットの商品開発関係者より投稿された動画の一部において、事実に反した内容が見受けられます」と反論。てんちむさんの主張は2020年12月以前の情報のものが多く、現状の事実にもとづいたものではないとコメントしています。また、てんちむさんのいうエビデンスにあたる「お客様へのご返金進捗状況」については、メーカー側の代理人弁護士が2020年12月28日まで3回にわたっててんちむさんの代理人弁護士に提出しているとのことです。

 他にも、2021年1月25日時点での返金対象件数や返金完了数など詳細な数字を明示しながら、「先方代理人を通じた協議が進まず、当該人物が一方的に不正確な事実を含む動画投稿をするに至った以上、弊社としてのスタンスを明らかにするため、本リリースをさせて頂きました」と、発信に至った経緯も説明していました。

てんちむ モテフィット トラブル 弁護士 損害賠償 メーカーが明示した2021年1月25日時点での返金対象件数など(画像は「YUIKU株式会社」公式サイトから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.