ニュース
» 2021年03月05日 15時45分 公開

いけんのかハリウッド!? 『HELLSING』実写化計画報道にファンから不安の声も原作者は通常進行

アニメ版アーカード「原作のストーリーを改変せず実現して欲しいなぁ」

[小西菜穂,ねとらぼ]

 バトルアクション漫画『HELLSING』の実写映画化がハリウッドで進行中と、エンタメ専門メディアDeadlineが3月5日に報道。原作者の平野耕太さんもTwitterで反応し、ファンをざわつかせています。なお同作の詳細な公開時期や、プラットフォーム、キャストは現時点で発表されていません。

ヘルシング Hellsing 実写 映画 ハリウッド 平野耕太 Amazon 『HELLSING』(画像はAmazon.co.jpから)

 報道によれば実写版『HELLSING』を手掛けるのはAmazonスタジオで、脚本は「ジョン・ウィック」シリーズなどを手掛けたデレク・コルスタットが担当。コルスタットは兄弟に薦められてコミックとアニメを見て以来、実写化は念頭にあったと明かし「いや、これはまさしく夢かと」と念願かなってのプロジェクトだと喜びをあらわにしています。

 そもそもは西洋が発祥とあって、制作側は“ヴァンパイアもの”へのなじみ深さを強調。そのうえで同作には今までにない魅力を感じたとして、ウイットとマッドに満ちた作品を届けたいと述べました。

 『HELLSING』は1998年から2009年にかけて『ヤングキングアワーズ』で連載された、吸血鬼退治を専門とするヘルシング機関のさまざまな敵との戦いを描いた物語。平野さんはDeadlineの報道を伝える記事をRTし否定も肯定もせず、 以下略“も”「ハリウッド化しろ」とツイートし、自作のさらなるハリウッド進出を要求しました。貪欲。


 人気の高さから初の実写映像化は国内外で大きなニュースとなっており、ファンは「完結まで10年以上待ち続けた我々が、完成するまで待つのは居眠りする程度にすぎない」「時代がヒラコーに追い付いた!?」と喜びをコメントしています。

 一方で過激な描写から表現規制を危惧する声も多く「いろんな所から怒られる or 怒られないように作ったら別物になる」「色々とやばい要素があるんで、本当に実写化できるのか不安なんですが、ヘルシング好きなので楽しみにしております」と不安を訴える声も少なくありません。アニメ版で主人公アーカードを演じた中田譲治さんも実写化にはしゃぐ一方で「原作のストーリーを改変せず実現して欲しい」と訴えています。

ヘルシング Hellsing 実写 映画 ハリウッド 平野耕太 Amazon アニメ版(画像はAmazon.co.jpから)

関連キーワード

実写 | ハリウッド | 原作 | 映画 | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10